好きな鬱展開アニメは? 2位「ひぐらしのなく頃に」「BANANA FISH」、1位は…<21年版> | アニメ!アニメ!

好きな鬱展開アニメは? 2位「ひぐらしのなく頃に」「BANANA FISH」、1位は…<21年版>

アニメ!アニメ!では「好きな鬱展開アニメは?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
『ひぐらしのなく頃に業』キービジュアル(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
  • 『ひぐらしのなく頃に業』キービジュアル(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
  • [好きな鬱展開アニメは?] TOP5
  • 『ひぐらしのなく頃に卒』キービジュアル(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
  • 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 〈ワルプルギスの廻天〉』ティザービジュアル(C)Magica Quartet/Aniplex・WR
  • [後編]永遠の物語 
  • [前編]始まりの物語
  • (C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
  • (C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project
アニメでは物語の途中で衝撃的な展開を迎える作品が数多く存在します。
主人公がダークサイドに墜ちてしまったり、大切な仲間が死んでしまったり、愛していた恋人に裏切られたり……。視聴者を驚かせる悲劇的なエピソードは、近年では“鬱展開”と呼ばれ、一部のファンを惹きつけています。

そこでアニメ!アニメ!では、「好きな鬱展開アニメは?」と題した読者アンケートを実施しました。5月18日から5月25日までのアンケート期間中に195人から回答を得ました。
男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約50パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

■アクションやホラーなど多ジャンルのタイトルが上位に!


第1位


1位は『魔法少女まどか☆マギカ』。支持率は約8パーセントでした。
『魔法少女まどか☆マギカ』は2011年にTV放送され、劇場版も制作されたオリジナルアニメ。主人公・鹿目まどかが謎の生物・キュゥべえと出会ったことで過酷な運命に巻き込まれていく物語です。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 〈ワルプルギスの廻天〉』ティザービジュアル(C)Magica Quartet/Aniplex・WR
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 〈ワルプルギスの廻天〉』ティザービジュアル(C)Magica Quartet/Aniplex・WR
読者からは「魔法少女の実態や敵である魔女の正体が明かされていくところはドキドキしました」や「途中からストーリーがものすごく重くなるけれど、とても面白くて引き込まれました」とハラハラしながら楽しんだとの声が。
とくに急展開を迎える3話のエピソードには驚いたというコメントが多く届きました。最新作『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 〈ワルプルギスの廻天〉』の制作が決まったことも票を集めた理由でしょう。


第2位


2位は『BANANA FISH』と『ひぐらしのなく頃に』が同票。1位との差はごくわずかでした。

「BANANA FISH」(C)吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH
「BANANA FISH」(C)吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH
『BANANA FISH』は吉田秋生さんが手がけたマンガが原作で、2018年にTVアニメ化されました。
ストリートギャングのボスであるアッシュ・リンクスをめぐるストーリーには「戦いに次ぐ戦い、辛い過去、大切な人の死、新しい敵……。苦しみや悲しみだらけだからこそ、ラストの幸福が輝いて見える物語です」や「主人公の大切な人たちが次々と傷ついていき、ラストも衝撃的なのに、なぜか美しいと感じてしまいます」といったコメントが寄せられており、「涙なくしては見られない」という意見も目立ちました。

『ひぐらしのなく頃に』は竜騎士07さんが手がけたゲームが原作。2006年にTVアニメ化され、複数シリーズが展開されたヒット作です。
「グロテスク名シーンも多いけれど、伏線が張りめぐらされたストーリーが面白くてワクワクします」や「思わず“嘘でしょ!?”と叫んでしまうぐらい信じられないような展開が連発。とくに最新作の『業』には驚かされました」とホラーやミステリーとしての面白さがファンを掴んでいます。7月からは『ひぐらしのなく頃に卒』が放送予定です。

『ひぐらしのなく頃に卒』キービジュアル(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
『ひぐらしのなく頃に卒』キービジュアル(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

■そのほかのコメントを紹介!!


「School Days」(C)STACK・School Days製作委員会 2007
「School Days」(C)STACK・School Days製作委員会 2007
『School Days』には「ラブコメ作品かと思いきや、どんどんドロドロ展開になっていくところが印象的」や「三角関係の物語がこのような結末を迎えるのかと驚きました」。
『91Days』には「主人公をはじめ、すべての登場人物がドミノ倒しのように間違った道を進んで破滅していくのが悲しい。ラストシーンの澄んだ寂寥感が何年経っても心に残っている」。

『91days』(C)91days
『91days』(C)91days
『機動戦士Vガンダム』には「あれだけ仲間が犠牲になるなんて。途中からチームに加わるシュラク隊が、くしの歯が欠けたように退場していくのは衝撃でした」。
『星合の空』には「12話のラストがショッキングすぎて……。何としても続きを実現してもらいたいです」と続編の制作が待ち望まれているタイトルにも投票がありました。

『星合の空』キービジュアル(C)赤根和樹・エイトビット/星合の空製作委員会
『星合の空』キービジュアル(C)赤根和樹・エイトビット/星合の空製作委員会
今回のアンケートではインパクトの強いエピソードやシーンのある作品が数多くランクイン。美しい友情や激しいバトルなど、多彩な魅力を備えたタイトルが目立っており、憂鬱な展開も作品を盛り上げるために必要な要素であることがよくわかる結果となりました。

次ページのトップ20もぜひご覧ください!

■ランキングトップ10


[好きな鬱展開アニメは?]
1位 『魔法少女まどか☆マギカ』
2位 『BANANA FISH』
2位 『ひぐらしのなく頃に』
4位 『進撃の巨人』
5位 『School Days』
6位 『PSYCHO-PASS サイコパス』
7位 『ぼくらの』
8位 『ハッピーシュガーライフ』
8位 『Re:ゼロから始める異世界生活』
10位 『エルフェンリート』
10位 『鬼滅の刃』
10位 『新世紀エヴァンゲリオン』
10位 『蒼穹のファフナー』
(回答期間:2021年5月18日~5月25日)

次ページ:ランキング20位まで公開

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。

《高橋克則》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集