「キングダム」函谷関攻防戦が開幕! 罠によって追い詰められた麃公軍だが、窮地を救う者が... 第4話先行カット | アニメ!アニメ!

「キングダム」函谷関攻防戦が開幕! 罠によって追い詰められた麃公軍だが、窮地を救う者が... 第4話先行カット

TVアニメ『キングダム』より、2021年4月25日(日)放送開始の第4話「二つの戦場」のあらすじ・先行場面カットが公開された。

ニュース
注目記事
『キングダム』第4話「二つの戦場」先行場面カット(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
  • 『キングダム』第4話「二つの戦場」先行場面カット(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
  • 『キングダム』第4話「二つの戦場」先行場面カット(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
  • 『キングダム』第4話「二つの戦場」先行場面カット(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
  • 『キングダム』第4話「二つの戦場」先行場面カット(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
  • 『キングダム』第4話「二つの戦場」先行場面カット(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
  • 『キングダム』第4話「二つの戦場」先行場面カット(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
  • 『キングダム』第4話「二つの戦場」先行場面カット(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
  • 『キングダム』第4話「二つの戦場」先行場面カット(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
TVアニメ『キングダム』より、2021年4月25日(日)放送開始の第4話「二つの戦場」のあらすじ・先行場面カットが公開された。

『キングダム』キービジュアル(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
『キングダム』キービジュアル【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『キングダム』の原作は、原泰久が「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の中華戦国大河ロマン。
春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信と、後の始皇帝となる若き王・えい政の活躍を描いている。

TVアニメ第1シリーズはNHK BSプレミアムにて2012年6月~2013年2月、第2シリーズは2013年6月~2014年3月にオンエア。『キングダム』史上最大規模の戦いといわれる「合従軍編」を映像化した第3シリーズは、2020年4月よりスタートしたものの第5話以降放送を延期。そして2021年4月4日より改めて第1話から放送されることとなった。


第4話「函谷関攻防戦」場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
第4話のタイトルは「二つの戦場」。
開戦の号令とともに始まった函谷関攻防戦。麃公将軍の下に配属された飛信隊は、隊長・信に率いられ、将軍直属の“麃公兵(ひょうこうへい)”とともに対する趙軍(ちょうぐん)を次々と撃破してゆく。
ところが勢いに乗っていたはずの麃公軍の動きが突然止まる。


第4話「二つの戦場」場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
実は麃公軍は、趙軍総大将・李牧が全幅の信頼を寄せる副将・慶舎の張り巡らした罠にいつの間にか絡めとられていたのだ。
一転、追い詰められる立場となった麃公軍だが、そのとき、この窮地を救う者が現れ……。


第4話「二つの戦場」場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『キングダム』第4話「二つの戦場」は、2021年4月25日24時15分よりNHK総合にて放送開始。

【Staff】
原作:原 泰久(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:今泉賢一
シリーズ構成:高木 登
キャラクターデザイン:阿部 恒
美術監督:水野雄介
色彩設計:阿部みゆき
撮影監督:野上大地
3DCG制作:ダンデライオンアニメーションスタジオ
編集:柳 圭介
音楽:澤野弘之/KOHTA YAMAMOTO
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:小泉紀介
音響制作:神南スタジオ
アニメーション制作:ぴえろ/スタジオ サインポスト
オープニング・テーマ:『TOMORROW』/BiSH(avex trax)
エンディング・テーマ:『Deep inside』/waterweed(maximum10)

【Cast】
信:森田成一
嬴政:福山 潤
河了貂:釘宮理恵
呂不韋:玄田哲章
昌平君:諏訪部順一
昌文君:仲野 裕
桓騎:伊藤健太郎
蒙武:楠 大典
張唐:浦山 迅
騰:加藤亮夫
麃公:斎藤志郎
王翦:堀内賢雄
蒙驁:伊藤和晃
王賁:細谷佳正
蒙恬:野島裕史
李牧:森川智之
春申君:内田夕夜
汗明:田中美央
オルド:木下浩之
呉鳳明:浪川大輔
成恢:鳥海浩輔
慶舎:平川大輔
媧燐:田中敦子
項翼:鈴木達央
白麗:上村祐翔   他

(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集