映画「鬼滅の刃 無限列車編」入場者特典&地上波放送&LiSA主題歌&公開日…情報一挙まとめ | アニメ!アニメ!

映画「鬼滅の刃 無限列車編」入場者特典&地上波放送&LiSA主題歌&公開日…情報一挙まとめ

吾峠呼世晴のコミックを原作としたTVアニメ『鬼滅の刃』最終話繋がる物語を描く『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が2020年10月16日より全国にて公開。登場人物や花江夏樹ほか声優、主題歌、入場者特典について情報をまとめた。

ニュース
注目記事
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ビジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ビジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 入場特典『鬼滅の刃 煉獄零巻』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 花江夏樹
  • 下野紘
  • 鬼頭明里さん
  • 松岡禎丞さん
吾峠呼世晴によるコミックを原作としたTVアニメ『鬼滅の刃』。その最終話で描かれた無限列車に乗り込むシーンから繋がる物語を描く『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が2020年10月16日より全国にて公開される。登場人物や声優、主題歌、入場者特典、TV放送やトークショーイベントについて情報をまとめた。



■ストーリー


舞台は、大正日本。心優しき炭売りの少年・炭治郎が家を空けている間に、鬼が家族を皆殺しにした。唯一生き残った妹・禰豆子は、凶暴な鬼に変異してしまった。
ある時、禰豆子に襲われかけた炭治郎だが、「鬼殺隊」(※鬼を殺すための組織)の冨岡義勇と名乗る剣士に救われる。その義勇に導かれ、剣士の「育手」である鱗滝左近次を訪ねた炭治郎。そこで、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へと進むことを決意するのだった。

TVアニメでは、最終話「新たなる任務」にて主人公の竈門炭治郎とその仲間たちが<無限列車>に乗り込むシーンをもって“竈門炭治郎 立志編”が幕を閉じた。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
本作では、蝶屋敷での修行を終えた炭治郎たちが、次なる任務の地、<無限列車>に到着する。そこでは短期間のうちに40人以上もの人が行方不明になっているという。

禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である“柱”のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く<無限列車>の中で、鬼と立ち向かうのだった――。

■登場人物&声優


主人公・竈門炭治郎は、心優しき少年。鬼となった妹を人間に戻すことと、家族の仇討ちのため鬼狩りの組織である鬼殺隊へ入隊する。演じるのは、『東京喰種トーキョーグール』の金木研役、『四月は君の嘘』の有馬公生役などで知られる声優・花江夏樹だ。

広告の後にも続きます
鬼にされてしまう妹・竈門禰豆子は、通常は人間の血肉を喰らう鬼だが、禰豆子はそれに抗い、人を守るために戦うという特別な鬼。演じるのは若手声優の鬼頭明里
そして「鬼殺隊」同期の我妻善逸と嘴平伊之助を演じるのは、下野紘と松岡禎丞。善逸は自分に自信が持てず、しばしば自嘲的な発言をする。伊之助は常に猪の頭を被る不思議な風貌で、好戦的な性格をしている。

また、「鬼殺隊」には“柱”という組織最強の実力を持つ9名が存在。本作には、“炎柱”煉獄杏寿郎が登場。演じるのは『ハイキュー!!』澤村大地役や『弱虫ペダル』新開隼人役、『斉木楠雄のΨ難』灰呂杵志役などを代表作に持つ日野聡

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
煉獄杏寿郎「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
そして本作で炭治郎たちの前に立ちはだかるのが、下弦の壱・【魘夢】。TVアニメ最終話で登場し、他の下弦の鬼たちが次々に鬼舞辻に殺される中、その心酔ぶりで唯一生かされ、さらなる力を得た。
その声を妖しい魅力で演じるのは、『Free!』シリーズの竜ヶ崎怜役などの平川大輔

■予告編


今まで以上に危険で激しい戦いのなか、炭治郎たちは無限列車の乗客たちを無事に守り抜くことができるのか……。


■主題歌


主題歌は、TVアニメオープニング曲に引き続きLiSAが歌唱。楽曲は「炎(ほむら)」。TVアニメのEDを手掛けた梶浦由記とのタッグで作品を彩る。

「炎」期間生産限定盤 1,300円(税抜)
「炎」期間生産限定盤 1,300円(税抜)
LiSAの最新シングルとなる「炎」は、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の登場キャラクター・煉獄杏寿郎の描き下ろしイラストを使用した期間生産限定盤、灯篭モチーフの”炎”型に切り抜かれたスリーブケースが目を引くデザインの初回限定生産盤、LiSAのビジュアルをあしらった通常盤の3種類でリリースされる。

■入場者特典


入場者特典は、原作者・吾峠呼世晴の描き下ろし漫画などを収録した『鬼滅の刃 煉獄零巻』に決定。本作で炭治郎や妹の禰豆子らと共にこの任務に臨む“炎柱”煉獄杏寿郎、その名を冠した特製冊子だ。

入場特典『鬼滅の刃 煉獄零巻』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
入場特典『鬼滅の刃 煉獄零巻』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
内容は、鬼狩り専門の組織“鬼殺隊”の中でも、今や柱として、最強の剣士の一人となった煉獄杏寿郎の初任務を、原作者・吾峠呼世晴が描き下ろし漫画で描く。また、原作で人気で、TVアニメの各話終了後の次回予告の演出にもなった“大正コソコソ噂話”の新録版のほか、劇場版のスタッフやキャストインタビューなども含めた、84ページの大ボリュームで収録。
配布は全国合計450万名限定。

■公開記念!地上波TV放送やトークショー開催


本作の公開を記念して、本作初となる地上波全国ネットのゴールデン・プライム帯「フジテレビ 土曜プレミアム」にて、TVアニメ『鬼滅の刃』<兄妹の絆>、<那田蜘蛛山編>を放送。

10月10日放送の第一夜は、主人公・炭治郎と妹の禰豆子の最初の大きな試練を描いたアニメ『鬼滅の刃』第1話~第5話で構成された「兄妹の絆」を放送。

10月17日放送の第二夜は、那田蜘蛛山へ行くよう命じられた炭治郎と鬼殺隊の仲間である我妻善逸と嘴平伊之助の死闘を描いたアニメ第15話~第21話で構成された「那田蜘蛛山編」が放送される。

土曜プレミアム 『鬼滅の刃』<兄妹の絆><那田蜘蛛山編>(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
土曜プレミアム 『鬼滅の刃』<兄妹の絆><那田蜘蛛山編>(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
さらに、公開直前の10月11日13時より、「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2020」がオンラインにて開催。『鬼滅の刃』のパートでは、炭治郎役・花江夏樹、禰豆子役・鬼頭明里と、煉獄杏寿郎役・日野聡の3名によるトークショーを実施。
当日はYouTubeのジャンプチャンネルにてトークショーの模様を配信予定。アーカイブ配信なしの、ここでしか観ることの出来ないプレミアムなオンラインイベントだ。

■コミック原作


原作『鬼滅の刃』は、「週刊少年ジャンプ」にて連載されていた吾峠呼世晴によるコミック。2016年11号より連載が始まり、2020年5月18日発売の「週刊少年ジャンプ」24号で最終回を迎え、約4年3か月の連載に幕を下ろした。シリーズ累計発行部数は8,000万部を突破し、現在、『鬼滅の刃』最新22巻までが刊行。

『鬼滅の刃』22 巻表紙(C)吾峠呼世晴/集英社
『鬼滅の刃』コミックス22巻(C)吾峠呼世晴/集英社
『鬼滅の刃』23巻は12月4日発売予定。

■スタッフ


TVアニメと同様に外崎春雄監督のもと、キャラクターデザインを松島晃、アニメーション制作をufotableが担当。音楽は、梶浦由記・椎名豪が手掛ける。

また、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(10月16日公開)のIMAXでの上映が決定。現在日本にIMAXが導入されている全38館にて、公開初日より放映される。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
公開日:10月16日(金)全国公開
TVアニメBlu-ray&DVD第1巻~第11巻発売中

【スタッフ】
原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃
脚本制作:ufotable
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸・梶山庸子・菊池美花
プロップデザイン:小山将治
コンセプトアート:衛藤功二・矢中勝・樺澤侑里
撮影監督:寺尾優一
3D 監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野学
音楽:梶浦由記・椎名豪
主題歌:LiSA「炎」(SACRA MUSIC)
アニメーション制作:ufotable
配給:東宝・アニプレックス

【キャスト】
竈門炭治郎(かまど・たんじろう):花江夏樹
竈門禰豆子(かまど・ねずこ)※1:鬼頭明里
我妻善逸(あがつま・ぜんいつ):下野紘
嘴平伊之助(はしびら・いのすけ):松岡禎丞
煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)※2:日野聡
魘夢(下弦の壱)(えんむ・かげんのいち):平川大輔
※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
《MINAMI》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集