夏でもひんやり…!ホラーアニメといえば? 3位「ゲゲゲの鬼太郎」2位「Another」1位は…【#幽霊の日】 | アニメ!アニメ!

夏でもひんやり…!ホラーアニメといえば? 3位「ゲゲゲの鬼太郎」2位「Another」1位は…【#幽霊の日】

アニメ!アニメ!では「夏でもひんやり…! ホラーアニメといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
『ゲゲゲの鬼太郎』第6期(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
  • 『ゲゲゲの鬼太郎』第6期(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
  • 『ひぐらしのなく頃に』(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
  • 『ひぐらしのなく頃に』(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
  • 「地獄少女」(c)地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会
  • 「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 (C)水木プロ・東映アニメーション/原作:レベルファイブ
  • 「王様ゲーム The Animation」(C)連打一人 栗山廉士 金沢伸明/双葉社・エブリスタ/「王様ゲーム The Animation」製作委員会
  • 「がっこうぐらし!」(c)Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会
  • 『地縛少年花子くん』キービジュアル(C)あいだいろ/SQUARE ENIX・「地縛少年花子くん」製作委員会
7月26日は「幽霊の日」。

1825年の同日、江戸の中村座で歌舞伎狂言「東海道四谷怪談」が初演されたことが由来となっています。「東海道四谷怪談」はのちに何度も映像化されており、幽霊のお岩さんという名前を知っている人も多いでしょう。

夏の暑い季節は、ホラーアニメを観て涼しむのも一興です。恐ろしい幽霊が出てきたり、謎の怪事件に巻き込まれたり、未知の生物に襲われてしまったりと、ホラーアニメもさまざま。その中で、アニメ!アニメ!読者がイチオシするタイトルは一体何なのでしょうか?

そこで今回は記念日にちなんで「夏でもひんやり…! ホラーアニメといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。7月9日から7月16日までのアンケート期間中に82人から回答を得ました。
男女比は男性約30パーセント、女性約70パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約35パーセントと若年層が中心でした。

■トップは新プロジェクトが控える『ひぐらし』


第1位


1位は『ひぐらしのなく頃に』。支持率は約18パーセントでした。

『ひぐらしのなく頃に』(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
『ひぐらしのなく頃に』(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
本作は竜騎士07さんが主催を務める同人サークル「07th Expansion」が手がけたサウンドノベルゲームが原作。2006年にアニメ化がスタート。2020年10月にはアニメ新プロジェクトによる新作のオンエアが控える人気シリーズです。
読者からは「キャラクターが可愛いくて日常シーンも面白いけれど、急展開で一気に怖くなるので背中がひんやりする」や「すごく怖いけれど、最後は登場人物を応援したくなる」と、ハラハラしながら物語の行方を見守っていたというコメントが寄せられており、新作への期待も高まっています。

『ひぐらしのなく頃に』(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
『ひぐらしのなく頃に』(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

第2位


2位は『Another』。本作は綾辻行人さんが手がけた小説が原作。2012年にTVアニメが放送されました。

広告の後にも続きます

「登場人物が決して抗えない状況に巻き込まれていき、恐怖が徐々に加速していく様子が怖かった。どんなキャラクターでも容赦なく死んでしまうので、次は誰が犠牲になるのだろうかというスリルがある」や「小説という媒体ならではのトリックを映像で再現すると、こういう表現になるのかと感心しました」と珠玉のミステリーホラーとしてファンを魅了しました。

第3位


3位は『ゲゲゲの鬼太郎』。水木しげるさんのマンガが原作で、これまで6回もTVアニメ化された長期シリーズです。

『ゲゲゲの鬼太郎』第6期(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
『ゲゲゲの鬼太郎』第6期(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
とくに2018年から2020年までオンエアされた第6作に触れた読者が目立っており、「幽霊電車や妖怪アパートなどの人気エピソードをはじめ、泣ける話や怖い話など、いろいろな物語があるから」や「たまに最後がバッドエンドで終わるときが好き」、「コメディ回やほっこり回、恐怖回まで幅広く、毎週どんなエピソードなのか楽しみでした」というコメントが。最新作で『鬼太郎』にハマった人も多いようです。

■そのほかのコメントを紹介!!


『地獄少女』には「ただ怖いだけではなくて、人の中にある深い闇がよく描かれていて、一番怖いのは人間だという意味がわかった作品です」。
『地獄先生ぬ~べ~』には「先生と生徒たちとの人情ドラマには感動するが、妖怪や幽霊の不気味さがトラウマ級。そのギャップがすごい」。

「地獄少女」(c)地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会
「地獄少女」(c)地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会
『闇芝居』には「夜中に一人で見たくないほど怖すぎてトラウマになりそう。ストーリーだけではなく、絵も不気味でホラー感が出ているところも恐ろしい」。
『学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!』には「幼いころに観た『怪人トンカラトン』と『人食いランドセル』は、花子さんが助けてくれなかった回でトラウマになりました」と伊武雅刀さんのナレーションも恐怖を倍増させる短編作品への投票もありました。

今回のアンケートでは恐ろしい殺人事件やオバケが巻き起こす大騒動、ゾンビから逃れるサバイバルなど、異なるタイプの恐怖を楽しめるタイトルが揃いました。『妖怪ウォッチ』のように、笑えるエピソードも多い作品もランクインしています。

多彩なホラーアニメを楽しんで、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!

■ランキングトップ10


[夏でもひんやり…! ホラーアニメといえば?]
1位 『ひぐらしのなく頃に』
2位 『Another』
3位 『ゲゲゲの鬼太郎』
4位 『地獄少女』
5位 『コープスパーティー』
5位 『妖怪ウォッチ』

(回答期間:2020年7月9日~7月16日)

次ページ:全体ランキング公開

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。


《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集