アニメ化してほしいゲームは?【家庭用編】「ニーア オートマタ」「スプラトゥーン」などを抑えたトップは…世界大ヒット作!<20年上半期版> | アニメ!アニメ!

アニメ化してほしいゲームは?【家庭用編】「ニーア オートマタ」「スプラトゥーン」などを抑えたトップは…世界大ヒット作!<20年上半期版>

アニメ!アニメ!では、2019年下半期に引き続き「アニメ化してほしいゲームは?(2020年上半期)」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
「NieR:Automata / ニーア オートマタ」(C)2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
  • 「NieR:Automata / ニーア オートマタ」(C)2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
  • 『キングダムハーツIII』(C)Disney. (C)Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX
  • 『DEATH STRANDING』(C)2019 Sony Interactive Entertainment Inc. Created and developed by KOJIMA PRODUCTIONS.
2020年も『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』や『新サクラ大戦 the Animation』など、さまざまなゲームがアニメ化されました。華やかなキャラクターが数多く登場するゲーム原作アニメは、ゲームをプレイしていない視聴者も魅了する魅力的な作品です。

そこでアニメ!アニメ!では、2019年下半期に引き続き「アニメ化してほしいゲームは?(2020年上半期)」と題した読者アンケートを実施しました。6月3日から6月12日までのアンケート期間中に1,808人から回答を得ました。
男女比は男性約5パーセント、女性約95パーセントと女性が大多数。年齢層は19歳以下が約25パーセント、20代が約50パーセントと若年層が中心でした。

続いては家庭用ゲーム編の結果から発表します。

ちなみに…2019年下半期の結果は?
アニメ化してほしいゲームは?【家庭用編】「FE風花雪月」「デススト」「ライザのアトリエ」と新作がランクイン!19年下半期版
https://animeanime.jp/article/2019/12/18/50415.html
アニメ化してほしいゲームは?【アプリ編】メギド、トリカゴ、文アルを抑えた1位は… 19年下半期版
https://animeanime.jp/article/2019/12/17/50388.html

■最新作が上位にランクイン!


第1位


1位は『あつまれ どうぶつの森』。支持率は約4パーセントでした。
「どうぶつの森」シリーズ最新作『あつまれ どうぶつの森』は2020年3月に発売されて全世界で大ヒット中。


読者からは「『どうぶつの森』のゲームで初めて遊んだのですがとにかくキャラクターが可愛い! 癒されるのでアニメで見てみたいと思いました」や「どうぶつたちのほのぼのライフを楽しみたいから」と、お気に入りのキャラクターが動き回る姿を見たいというファンが多かったです。
なお2006年には『劇場版 どうぶつの森』が公開されており「劇場版が癒し満載でとてもよかったので、爆発的ヒットを機にまたアニメを見たいと思いました」というコメントも届きました。

第2位


2位は『ファイアーエムブレム 風花雪月』2019年下半期のアンケートと同順位となっています。


「シナリオが壮大で魅力的なキャラクターも多く、男女問わず楽しめます」や「どのルートを映像化してもドラマチックで素敵な作品になると思う」、「戦争が題材のゲームなので、バトルシーンなど華やかな絵がアニメで見られたら素敵だと思いました」など、変わらぬ人気ぶりを示しました。

広告の後にも続きます

第3位


3位は『十三機兵防衛圏』。本作は2019年11月にリリースされたアドベンチャーゲームで、数々のアワードに輝いています。


「本当に綺麗なグラフィックと綿密に練られたシナリオ。ここ数年で一番好きなゲーム作品です」や「じわじわと解き明かされていく物語を毎週楽しみにしながら見てみたい」、「主人公が13人もいる群像劇なのでシリーズ構成さんが頭を抱えてしまいそう……とは思うものの、重厚なSFストーリーをぜひアニメでも体験したいです」と、早くもアニメ化を望む声が寄せられています。

■そのほかのコメントを紹介!!


『スプラトゥーン』には「イカとタコのキャラでアニメ化したら、さらに人気が出そう」や「バトルアニメにしたら面白そうだと思ったので」。
『Life is Strange』には「アニメになったらどのルートになるのか。自分で選択肢を選ぶゲームとは違った体験になりそう」や「海外ドラマのような世界観。シリアスなアニメを見ない層にも楽しんでほしい」。

『NieR:Automata』には「感情を持ってはならないアンドロイドたちが、機械生命体と戦う物語。悲しみや絶望が渦巻く世界をゲームだけでなくアニメでも見てみたい」。
『大神』には「色あせない名作。美しい水墨画調のグラフィックがアニメ化されたらどのように動くのかが気になります」と幅広いタイトルに投票が寄せられました。


今回のアンケートでは『大逆転裁判』や『ポケットモンスター ソード・シールド』など、すでにアニメになったシリーズの別タイトルを映像化してほしいというコメントも目立つ結果となっています。

合わせてアプリゲーム編の結果もお楽しみください!
>>アニメ化してほしいゲームは?【アプリ編】3位ダンキラ、2位ワールドエンドヒーローズ、1位は…<20年上半期版>

■ランキングトップ10


[アニメ化してほしいゲームは?【家庭用編】 2020年上半期版]
1位 『あつまれ どうぶつの森』
2位 『ファイアーエムブレム 風花雪月』
3位 『十三機兵防衛圏』
4位 『NieR:Automata』
5位 『スプラトゥーン』
6位 『キングダム ハーツ』
6位 『大逆転裁判』
6位 『Detroit: Become Human』
9位 『幻想水滸伝』
9位 『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』
9位 『ゼルダの伝説』

(回答期間:2020年6月3日~6月12日)

次ページ:ランキング20位まで公開

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。



《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集