異世界ファンタジー「100万の命の上に俺は立っている」アニメ化決定! PV&ビジュアル…キャスト陣も発表 | アニメ!アニメ!

異世界ファンタジー「100万の命の上に俺は立っている」アニメ化決定! PV&ビジュアル…キャスト陣も発表

新感覚異世界ファンタジー『100万の命の上に俺は立っている』のTVアニメ化が決定し、2020年10月の放送が発表された。合わせて、ティザーPV、アニメキービジュアルの公開。さらに、上村祐翔らメインキャスト陣やスタッフも発表された。

ニュース
注目記事
『100万の命の上に俺は立っている』100万ぐらいの命の上にみんなは立っているビジュアル(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
  • 『100万の命の上に俺は立っている』100万ぐらいの命の上にみんなは立っているビジュアル(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
  • 『100万の命の上に俺は立っている』場面写真(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
  • 『100万の命の上に俺は立っている』場面写真(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
  • 『100万の命の上に俺は立っている』場面写真(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
  • 『100万の命の上に俺は立っている』場面写真(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
  • 『100万の命の上に俺は立っている』場面写真(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
  • 『100万の命の上に俺は立っている』場面写真(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
  • 『100万の命の上に俺は立っている』場面写真(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
新感覚異世界ファンタジー『100万の命の上に俺は立っている』のTVアニメ化が決定し、2020年10月の放送が発表された。合わせて、ティザーPV、アニメキービジュアルの公開。さらに、上村祐翔らメインキャスト陣やスタッフも発表された。

原作は、「別冊少年マガジン」にて連載中の累計130万部超えの新感覚異世界ファンタジー。
合理的で単独行動が好きな中学3年生・四谷友助は、ある日ゲームじみた異世界に転送された――。すでに転送されていたクラスメイトの新堂衣宇、箱崎紅末とともに3人目のプレイヤーとなった彼は、命を懸けたクエストに挑むことに。
感情論を廃してすべての要素をフラットに、時には仲間の命すら駒として扱う冷酷な四谷。襲い来る魔物、厄介な事件、そして暗躍する強敵からパーティの全滅を防ぎ、このゲームをクリアすることができるのか?

『100万の命の上に俺は立っている』(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
キャストには、中学3年生であり最初の職業は農民の四谷友助役に上村。さらに、異世界での職業は魔術師(風)だが、使える魔術は空気を動かす風魔法1種のみという新堂衣宇役は久保田梨沙、職業は戦士(剣)だが、もともと虚弱だったため戦闘能力は高くない箱崎紅末役は和氣あず未、職業は魔術師(熱)であり使える熱魔法は杖の先10cmの範囲の温度を少しだけ上げるものという時舘由香役は小市眞琴が担当する。

公開されたアニメキービジュアルは、メインキャラクターの4人が佇む、原作イメージを踏襲した一枚に。ティザーPVでは、異世界を舞台とした彼らの姿が収められた。


またスタッフには監督の羽原久美子をはじめ、シリーズ構成の吉岡たかを、メインキャラクターデザインの小島えり、舛舘俊秀らが一挙に名を連ねた。アニメーション制作はMAHO FILMが担当する。

TVアニメ『100万の命の上に俺は立っている』は、2020年10月の放送予定。

メインキャスト
四谷友助:上村祐翔(うえむらゆうと)
新堂衣宇:久保田梨沙(くぼたりさ)
箱崎紅末:和氣あず未(わきあずみ)
時舘由香:小市眞琴(こいちまこと)

スタッフ
原作:山川直輝/漫画:奈央晃徳(講談社「別冊少年マガジン」連載)
監督:羽原久美子
シリーズ構成:吉岡たかを
メインキャラクターデザイン:小島えり、舛舘俊秀
サブキャラクターデザイン:大場優子
色彩設計:渡辺亜紀
美術監督:柴田 聡
撮影監督:野村雪菜
音響監督:矢野さとし
音楽:伊藤 賢
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:MAHO FILM


(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
《MoA》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集