「シュレック」「ボス・ベイビー」ドリームワークスが贈る新キャラはブサかわ“トロールズ”! 日本公開決定 | アニメ!アニメ!

「シュレック」「ボス・ベイビー」ドリームワークスが贈る新キャラはブサかわ“トロールズ”! 日本公開決定

『シュレック』『ボス・ベイビー』などを生みだしたドリームワークスの最新作が、『トロールズ ミュージック★パワー』(原題:TROLLS WORLD TOUR)のタイトルで2020年10月に日本公開決定となった。

ニュース
『トロールズ ミュージック★パワー』ロゴ A UNIVERSAL PICTURE(C)2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『トロールズ ミュージック★パワー』ロゴ A UNIVERSAL PICTURE(C)2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.
『シュレック』『ボス・ベイビー』などを生みだしたドリームワークスの最新作が、『トロールズ ミュージック★パワー』(原題:TROLLS WORLD TOUR)のタイトルで2020年10月に日本公開決定。
全米を始め世界的に大ヒットしたカラフルなぶさカワキャラ“トロールズ”が、ノリノリの音楽に乗って日本中に笑いとハッピーを届ける。

『トロールズ ミュージック★パワー』の主人公は、ポップ村に住む歌と踊りとハグが大好きな妖精“トロールズ”の女王・ポピー。
実は、かつてトロールズの村は王国として繁栄していたのだが、音楽のジャンルごとに6つの村に分裂してしまった……と知ったポピーは「私たちと違う歌や踊りをするほかのトロールズがいるなんて素敵!」と胸を弾ませる。
しかし、ロック村のクィーン・バーブがすべての村を乗っ取ろうと動き出しており……。ポピーは仲間たちと共に、世界を守ることはできるのだろうか。

歌って踊るカラフルでかわいらしいトロールたちが魅力の本シリーズだが、前作『トロールズ』(日本未公開)の主題歌を担当し、声の吹き替えやエグゼクティブ・ミュージック・プロデューサーも務めたジャスティン・ティンバーレイクのヒットソング「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」が第89回アカデミー賞歌曲賞にノミネート。
今作『トロールズ ミュージック★パワー』では、ダフト・パンクの「ワン・モア・タイム」や、スコーピオンズの「ロック・ユー・ライク・ア・ハリケーン」、スパイス・ガールズの「ワナビー」など、世代に関係なく誰もが聞き馴染みのある大ヒットナンバーに乗せてトロールたちが歌い踊る。

監督は、『シュレック』シリーズや『スポンジ・ボブ』を手掛けたウォルト・ドーン。そして、元気で歌と踊りが大好きなヒロイン・ポピー役は、ハリウッドNo.1の歌唱力の持ち主との呼び声も高いアナ・ケンドリック。堅実でちょっと内気なポピーの相棒・ブランチ役は、大ヒットナンバーを次々と生み出しキング・オブ・ポップと目されるジャスティン・ティンバーレイクに。
ジャスティンは、前作に引き続きエグゼクティブ・ミュージック・プロデューサーも務めることとなった。

『トロールズ ミュージック★パワー』は、2020年10月にTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

A UNIVERSAL PICTURE(C)2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.
《CHiRO★》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集