「囀る鳥は羽ばたかない」ヨネダコウ&牧田監督が明かすアニメ制作秘話 矢代&百目鬼のトークも【レポート】 | アニメ!アニメ!

「囀る鳥は羽ばたかない」ヨネダコウ&牧田監督が明かすアニメ制作秘話 矢代&百目鬼のトークも【レポート】

ヨネダコウ原作による劇場版アニメ『囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather』の公開初日舞台挨拶が2月15日、新宿バルト9にて開催された。

イベント・レポート
注目記事
「囀る鳥は羽ばたかない」ヨネダコウ&牧田監督が明かすアニメ制作秘話 矢代&百目鬼のトークも【レポート】
  • 「囀る鳥は羽ばたかない」ヨネダコウ&牧田監督が明かすアニメ制作秘話 矢代&百目鬼のトークも【レポート】
  • 「囀る鳥は羽ばたかない」ヨネダコウ&牧田監督が明かすアニメ制作秘話 矢代&百目鬼のトークも【レポート】
ヨネダコウ原作による劇場版アニメ『囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather』の公開初日舞台挨拶が2月15日、新宿バルト9にて開催された。

イベントは新垣樽助と羽多野渉が演じる主要キャラクター、矢代&百目鬼によるトークと、原作者のヨネダコウと監督の牧田佳織によるトークの二部構成。

自身もBL好きなことで知られるMCの吉木りさが「矢代さん、百目鬼さん、どうぞ!」と声をかけると、スクリーンには本作のパンフレットやコラボドリンクを手にした“映画鑑賞スタイル”の矢代と百目鬼のイラストが映し出され、矢代のひょうひょうとした「前代未聞の舞台挨拶にお越しくださってありがとうございます」の声に笑いが起こった。

「おふたりには会場の様子は見えていますか?」という問いには、「マスクをしている人が多いです」と百目鬼が答え、矢代は「グリーンのワンピースを着てる人がいるな。今、隣見た? あなただよ」と、観客とコミュニケーションをとった。

続いての質問タイムでは、劇場版の公式サイトで募集したファンからの質問にふたりが答えていく。
「ムカつくとパンツをはくのを忘れる矢代さん、今日はパンツをはいていますか? どんなパンツですか?」という質問には「頭はいつもビキニタイプの……」と百目鬼が答え、今日のパンツ事情については「どうであってほしいの?」と客席からの拍手の大きさで希望アンケートをとるなど、きわどい質問にも臨機応変(?)に対処。

バレンタインの翌日ということもあって、「チョコはもらいましたか?」という質問も。実は甘党だという矢代が好きなお菓子について尋ねられるも、商品名が思い出せずに悩み、その度に百目鬼が的確に商品名を挙げてフォローするという、普段の主従関係を匂わせる一幕もあった。

「竜崎とデートをするなら?」という質問に矢代は「その予定を全力で抹殺する」と即答するも、「動物園で、お仲間であるゴリラの檻の前に放ってくる。いつか野生に帰れたらいいな」と回答をチェンジ。百目鬼も「なるほど」と納得の様子だった。

広告の後にも続きます
締めくくりのコメントでは、「パンフレットとグッズの宣伝を三角さんに頼まれているので、よろしく」と矢代。百目鬼も「コラボドリンクのレモンスカッシュもよろしくお願いします」と広報活動に余念がなかった。

第二部では原作者・ヨネダコウと監督・牧田佳織が登場。吉木から劇場公開を迎えた今日の気持ちについて聞かれると、ヨネダが「マンガを描くってすごく小さい作業。白い紙一枚から始まって、本になり、映像になっていくのが夢心地みたいな感じ」とコメント。
牧田も「先生と全く同じで、つい先日まで作業をしていたこともあって今みなさんにご覧いただいているというのがすごく不思議な感じ」と、今の率直な気持ちを語った。

ヨネダはアニメ化のオファーを受けた際のことを尋ねられ、「実写の話はちらちらとあったけど、アニメ? むしろできるならどうぞって。でも、(プロジェクトが進行していき)あれ? 本当になっちゃうの? っていう感じでした」と当時を振り返った。
制作にあたってヨネダや脚本の瀬古浩司とディスカッションを重ねたという牧田は「(構成として)矢代を中心に描くのか、周りの人間を描くのかを考えた」と制作スタート時を思い返し、ヨネダが「やはり物語が矢代の高校時代から始まっているということもあって、矢代を中心にした物語にしようと決まりました」と続けた。

アニメで印象的だったシーンについては、ヨネダは「煙草の煙がエロい!」と回答し、表現の美しさを称賛した。
また「七原がドツかれまくるシーンが、スタッフさんが楽しんで描いてくださった感じがする(笑)」と、コミカルな場面もセレクト。このシーンについて牧田は「ヤクザ映画を参考にした」とこだわりをのぞかせ、また自身は「作業していて一番爆発できたのは、クライマックスで高校時代の矢代が泣くシーン」であると答え、観客からの同意の拍手とともにヨネダもうなずいていた。

さらに牧田は「アニメ化にあたり、原作の温度感や独特な空気感、色、光を映像に落とし込みたかった。雨のシーンが印象的なので、上手に映像にしていきたかった」と制作時の思いを語った。
MCの吉木からも「影のグラデーションがすごくキレイで、キャラクターの心情をとても表していると感じました」と作画表現に絶賛の声が上がった。

さらにイベント後半では「The clouds gather」に続く第2章「The storm Breaks」の制作決定が発表され、ヨネダは「ヤクザパートと恋愛要素の両方があるので、どんな風になるか楽しみ。H ZETTRIOさん(音楽担当)のリズミカルなテーマ曲が似合うストーリー展開になるのでは」とコメントした。

監督である牧田は「カーチェイスもあるので、今からどうやって作ろうかと悩んでいます。抗争シーンもしっかり描いていきたいけど、ふたりの関係性もどんどん変化して矢代の本音も出てきて、内容は盛りだくさんになりそうです」と意気込みを語った。

また、矢代の同級生である影山とその恋人・久我を軸にした物語「Don’t stay gold」のOAD制作も発表。コミックス7巻の特装版に付属するということなので、こちらも見逃せない。

最後にヨネダからは「明るい話ではないので見ていて苦しくなったりするかもしれませんが、牧田監督をはじめスタッフの皆さんが本当に丁寧に作ってくださっているので、一回と言わず何度も足を運んでいただけたら」と、本作への思いを語った。
《藤堂真衣》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集