東山奈央が“ワンワンワン”な姿で登場!ライブ「にじかいっ!!」第2弾開催レポ | アニメ!アニメ!

東山奈央が“ワンワンワン”な姿で登場!ライブ「にじかいっ!!」第2弾開催レポ

声優・歌手の東山奈央によるオフィシャルファンクラブ会員限定ライブ「にじかいっ!!」の第2弾が開催された。オフィシャルクラブ「虹のわっか」の会員である“わっかメイト”たちが大勢詰めかけ、初めてのオールスタンディング形式で行われた。

ニュース
東山奈央オフィシャルファンクラブ会員限定ライブ「にじかいっ!!Vol.2」
  • 東山奈央オフィシャルファンクラブ会員限定ライブ「にじかいっ!!Vol.2」
  • 東山奈央オフィシャルファンクラブ会員限定ライブ「にじかいっ!!Vol.2」
  • 東山奈央オフィシャルファンクラブ会員限定ライブ「にじかいっ!!Vol.2」
  • 東山奈央オフィシャルファンクラブ会員限定ライブ「にじかいっ!!Vol.2」
声優・歌手の東山奈央によるオフィシャルファンクラブ会員限定ライブ「にじかいっ!!」の第2弾が、2020年1月11日にZepp Tokyo にて開催された。
当日はオフィシャルクラブ「虹のわっか」の会員である“わっかメイト”たちが大勢詰めかけ、東山のライブとしては初めてのオールスタンディング形式で行われた。

夜の部は、開演時間になると和楽器によるBGMが会場内に流れ始め、バンドメンバーも全員が和装でステージに入場。まさに新年一発目のライブにふさわしい、お正月らしい雰囲気の中での開幕に、東山は1月11日=“ワンワンワン”ということで犬のような耳やしっぽを身に着けて姿を見せる。


ライブの様子
これに加えて、所属レーベルが「フライングドッグ」であることにもちなんだ犬テイストでのお出ましとなった東山は、1曲目に「群青インフィニティ」、2曲目に「君と僕のシンフォニー」を歌い終えると「こんばんワン!」と挨拶。 2020年=ねずみ年の幕開けとは思えないほど、犬まみれのオープニングとなった。

「(2019年の)夏のツアーで経験したような台風や雨をどこかへ追いやれ!という気持ちも込めつつ、さらに皆さんの2020年がハッピーな年になるように祈願いたしまして」というMCを添えて、3曲目は女性ダンサー2人とともに「グッバイ・アンブレラ」を楽しく歌って踊る。

続いては、クールでかっこいいダンスナンバーの「Mode Style」をチョイス。ライブツアーでも一際盛り上がった超個性的なナンバー「さよならモラトリアム」では、「ナーナナ、ナナナ」という印象的なフレーズに合わせてオーディエンスのほぼ全員が肩を組み、一斉に体を左右に揺らす光景が繰り広げられた。

ツアーでも恒例となっていた曲中のチャレンジコーナーは、初の試みとして東山と観客が対決する方式に。本物の犬の声と東山が演じる犬の声を聴いて、どちらが本物の犬なのかを当てる問題だったのだが、多くの観客が本物の犬を聞き当て東山の負けとなった。

ある意味、声優としてのプライドを賭けた対決に敗れた東山は、曲明けのMCで「そんな~!」 と悔しそうな表情を見せていたが、「また機会があったら、より精度の高いワンちゃんの鳴き声を皆様に披露したいと思います。精進します!」とトーク。決意を新たにする姿も見せた。

このライブのタイトルである「にじかいっ!!」には、「虹のわっか」の集まりである「虹会」のほか、ライブの「二次会」という意味も込められている。
直近では、2019年の8月から9月にかけて1stライブツアーを行っていた東山だが、今回の「にじかいっ!!」はその要素を引き継ぎつつも単なるツアーの縮小版のような構成にはしたくないということで、「ツアーに入れたくても入れきれなかった」たくさんの楽曲の中から「I WILL」を6曲目にセレクト。「もしかしたらデビューシングルの表題になっていたかもしれない」という思い出深いナンバーを、久しぶりに観客の前で披露した。


ライブの様子
ここで東山が衣装チェンジのために一度ステージから下がると、シークレットゲストである三味線奏者・浅野祥が舞台の中央に姿を現す。
浅野が圧巻の三味線ソロと迫力あるバンドとのセッションでオーディエンスを魅了すると、そこへミニ丈にアレンジした着物を身にまとった東山が合流。和のテイス トが印象的な楽曲「灯火のまにまに」でコラボしてみせた。

普段のライブではあまり耳にすることのない、生の三味線が奏でる音色に東山を含めた会場の全員が圧倒される中、浅野とのコラボは「風空花人」「Chain the world」「オトメイロ」まで続き、会場を大いに盛り上げる。
特に「風空花人」は、デビューシングル「True Destiny/Chain the world」の“アニメ盤”のみに収録されている楽曲で、生バンドでの歌唱も今回が初めてというあらゆる意味でレアなパフォーマンスとなった。

MCでは、この日使われていた津軽三味線の構造や、どのようにスピーカーから三味線の音を出しているのかなど、素朴な疑問を東山がインタビュー。
さらに、観客やバンドメンバーとともに「三味線奏者の浅野祥さん」を噛まずに言えるかチャレンジするという、笑いの絶えないアットホームな時間が流れた。

終盤には、2月5日に発売されるニューシングルから、TVアニメ『恋する小惑星』のOPテーマ「歩いていこう!」をフルコーラスで歌い上げる。
そしてトリを飾った「未来 YELL!」では、「Eh-i Oh-u!」の部分で「ねずみ年の人ー?」と呼びかけると「ちゅーちゅー!」と観客が応えるこの日ならではのコール&レスポンスも発生。さらには「わんちゃんが好きな人ー?」「受験生の人ー?」「今年を最高の年にしたい人ー?」などと続き、大団円のなかで本編のフィニッシュを迎えた。

アンコールでは、ダンサーとバンドメンバーのレクチャーのもと、全員で振り付けの練習をし臨んだ「君の笑顔に恋してる」で心をひとつにする。
ここでさらに、東山が以前から好きだと公言していたビクターエンタテインメントの看板犬「ニッパーくん」と一緒に宣伝活動をする、「ニッパーアンバサダー」への就任が決定したことも発表に。ラストは、急きょ会場に駆けつけたニッパーくんを含めたオールメンバーで贈る「ネバギバ音頭」で、約2時間のライブがフィニッシュ。
東山の「2月からはいよいよ声優デビュー10周年として、さらに声優としても、歌手としても、人間としても、皆様と一緒に楽しい時間を作っていけるような、そんな人に成長していけるように、これからも頑張り続けます! 本当に今日は、ありがとうございました!!」という挨拶で締めくくられた。


ライブの様子
なお、東山が「ニッパーアンバサダー」に就任する模様は、2月2日21時より「LINE LIVE」 にて配信される予定だ。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集