関俊彦、あらすじ予想で名言を生む「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」第10回レポート | アニメ!アニメ!

関俊彦、あらすじ予想で名言を生む「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」第10回レポート

伊東健人さんが電子コミックアンバサダー・通称“電バサダー”としてお届けする番組『コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞』第10回レポート。番組内に登場した作品を紹介します。

ニュース
関俊彦、あらすじ予想で名言を生む「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」第10回レポート
  • 関俊彦、あらすじ予想で名言を生む「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」第10回レポート
伊東健人さんが電子コミック大賞応援アンバサダー・通称“電バサダー”としてお届けする番組「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」が配信スタート。

第10回は前回に引き続きゲストに関俊彦さん、電子コミック大賞応援アシスタント“電タント”に田中美海さんをお迎えして、「電子コミック大賞2020」エントリー作品の魅力をご紹介します。
今回はあらすじ予想で関さんが大暴走?

>第10回配信はこちら<

■さっそく仕事をする電バサダー


番組配信日の11月26日は、『ピーナッツ(PEANUTS)』の作者であるチャールズ・M・シュルツさんの誕生日。
マンガはまだ読んだことがない田中さんも、作中のキャラクター・スヌーピーはよく知っていたようで。伊東さん、すかさず「コミックシーモアで読めますよ!」と宣伝していました。

『Peanuts』ベストコミック集『SNOOPY COMIC SELECTION』をコミックシーモアで読む

■性別にとらわれない作品のジャンル


ゲストの関さんをお招きしてお送りするのは、リスナーおすすめの電子コミックを教えてもらう「リコメンドザ電子コミック大賞!」。

まずは親知らず知らずさんのメールから『地獄楽』を紹介します。
「1話目から引き込まれる」とのことで、さっそくチェックする関さん。「本当にいろんな作家さんがいるんだね」とマンガの多様さに驚いていました。

『地獄楽』は伊東さんもイチ押しの作品。あらすじなどを補足しますが、気になるところで「あとは……読んでください!」とおあずけに。先の展開が気にならずにはいられない上級おすすめテクニックを披露していました。

『地獄楽』(賀来ゆうじ)をコミックシーモアで読む

続いて紹介するのはブロ子さんおすすめの『シーツの波間でみる夢みたいな』。個性豊かな男女が織りなす一夜が詰まった短編集です。
「どこで出会うんだ」と思ってしまうほど意外性のある組み合わせに、伊東さんも興味をそそられた様子。

また、同作者の『両性花~交わる運命の番(つがい)~』も、ブロ子さんのおすすめ。
両性具有について研究する男女の物語で、伊東さん曰く「男性が読んでもおもしろい。むしろ読んだほうがいい作品」。TL部門エントリー作ではありますが、性別を超えて心に染み入るそうです。

『シーツの波間でみる夢みたいな』(キラト瑠香)をコミックシーモアで読む
『両性花~交わる運命の番(つがい)~』(キラト瑠香)をコミックシーモアで読む

近年は作品のジャンルと読者の性別がイコールとは限らないと感じている関さん。田中さんも「女性はまんべんなく読むと思います」と同意していました。
関さんは当初、少女マンガ独特のコマ割りに苦手意識を持っていたとか。しかし『キャンディ・キャンディ』で読みやすい作品もあると気づき、その後は少女マンガも読むようになったそうです。

※『キャンディ・キャンディ』は扱われておりませんが、いがらしゆみこ先生の『アトランティス騎士団(ナイツ) 』ほかの作品はコミックシーモアで読むことができます。

いがらしゆみこ先生の作品をコミックシーモアで読む

■関さんの予想が大暴走?


続いてはタイトルからあらすじを予想する「あらすじ当てましょう!」。
今回の候補は『ノブナガ先生』、『純喫茶ねこ』、『年上の旦那様』、『黒か白か』、『こぎつね、わらわら 稲荷神のまかない飯』の5作品です。

『ノブナガ先生』(大和田秀樹)をコミックシーモアで読む
『純喫茶ねこ』(杉崎ゆきる)をコミックシーモアで読む
『年上の旦那様』(龍本みお)をコミックシーモアで読む
『黒か白か』(さちも)をコミックシーモアで読む
『こぎつね、わらわら 稲荷神のまかない飯』(松幸かほ)をコミックシーモアで読む

どれも予想がつかない関さんは、「ふざけるな(笑)」と言いながら作品を選びます。
『ノブナガ先生』はストレートなわけがない」とあきらめかけますが、伊東さんは残念そう。真意をくみ取った関さん、『ノブナガ先生』のあらすじを予想します。

シンキングタイムが始まる前から「どう考えてもタイムスリップ系で現代の学校が舞台」と予想する関さん。好調な滑り出しに期待がふくらみます。
しかしここから予想が思わぬ方向に。物語にひねりを加えるため、恋愛要素を追加しようとします。
しかし恋愛には発展しないと指摘された関さん。「恋がなくてなんの人生?」と名言を生み出していました。

結局考えたのは「織田信長が現代の男子校にタイムスリップ。敵対する生徒筆頭である主人公が、ノブナガ先生に恋をしてしまう」と、まさかのBL展開。
BL要素を削ったら正解!」とアドバイスされ、「ノブナガ先生が現代にやってくるタイムスリップもの。生徒たちといろんなことがありつつ青春を過ごす」と、かなりぼかして答えます。

それでも番組の許容範囲だったようで、見事正解! 今回もノーヒントで正解に導くことができ、伊東さんもひと安心です。

『ノブナガ先生』は現代の高校にタイムスリップした織田信長が教師になるコメディ作品。本物かどうかを疑う生徒たちに試されるものの、信長本人ならではの回答をする点が見どころです。

表紙を見た関さんは「イメージと違う!」とびっくり。金髪のすらっとした美形を想像していたようです。
信長が本能寺の変の真っただ中でタイムスリップしたことを知った関さん。「それが信長の死体が見つからなかった理由づけにもなるんだね」と歴史好きならではの視点で読み進めていました。

■オアシスのような番組


前回と今回を振り返り「いい番組ですね!」と絶賛する関さん。「2人の落ち着いた語り口がよかった。まるで砂漠の中でオアシスを発見したよう」とコメントしていました。
すると伊東さん、「我々にとっては関さんがオアシスです」と一言。思わぬタイミングで褒められ、照れてしまう関さんでした。

◆今回紹介したメール
「リコメンドザ電子コミック大賞!」
・ラジオネーム:親知らず知らず さん
『地獄楽』(賀来ゆうじ)
・ラジオネーム:ブロ子 さん
『シーツの波間でみる夢みたいな』(キラト瑠香)
『両性花~交わる運命の番(つがい)~』(キラト瑠香)

◆メール募集


『コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞』では、みなさんからのメールを募集しています。

『リコメンドザ電子コミック大賞!』メール募集テーマ
【みなさんがおすすめする「電子コミック大賞2020」エントリー作品】
「男性部門」「女性部門」「BL部門」「TL部門」「ラノベ部門」5つの部門からあなたのおすすめ電子コミックを教えてください。

『伊東健人の気に入っていただけましたでSHOW!』メール募集テーマ
【伊東さんがプレゼンする時の「お題」】
ツンデレ風に、猫語で、全力疾走しながら…などなど、思いついたお題・シチュエーションをお送りください。

『ふつおた』メール募集テーマ
【MC・ゲストへの質問や応援メッセージ】
質問・応援メッセージのほかにも、番組で話してほしいこと、「電子コミック大賞2020」エントリー作品以外のおすすめマンガについてなどはこちらへお願いします!


メールの宛先は【dencomi@iid.co.jp】まで!
ラジオネームとコーナー名、メッセージをお忘れなく!

◆次回予告


次回、第11回の配信は11月28日21時から。
ゲストには杉田智和さんをお迎えします!


お楽しみに!
《ハシビロコ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集