i☆Ris、デビュー7周年記念ライブはチケット完売! 4thアルバム&ライブツアーも発表された公演レポ | アニメ!アニメ!

i☆Ris、デビュー7周年記念ライブはチケット完売! 4thアルバム&ライブツアーも発表された公演レポ

声優とアイドルのハイブリットユニット・i☆Risのデビュー7周年記念ライブ「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」が、11月24日に神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールにて開催された。

ニュース
「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」Photographs 上山陽介 木村泰之
  • 「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」Photographs 上山陽介 木村泰之
  • 「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」Photographs 上山陽介 木村泰之
  • 「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」Photographs 上山陽介 木村泰之
  • 「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」Photographs 上山陽介 木村泰之
  • 「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」Photographs 上山陽介 木村泰之
  • 「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」Photographs 上山陽介 木村泰之
  • 「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」Photographs 上山陽介 木村泰之
  • 「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」Photographs 上山陽介 木村泰之
声優とアイドルのハイブリットユニット・i☆Risのデビュー7周年記念ライブ「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」が、11月24日に神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールにて開催された。
チケットが完売となった会場では、待望の4thアルバムが2020年3月4日に発売されることや、2020年4月より全国8会場をめぐる「i☆Ris 6th Live Tour 2020(仮)」が開催されることも発表となった。

今回のライブはタイトルでもある「七福万来」の通り、“たくさんの「福」を届けること”をテーマに掲げている。
公演は随所に「七福万来」にふさわしい要素が散りばめられ、チャイナ風のセット・BGMに場内が熱気であふれる中、モニターにチャイナ服をまとったメンバーが順番に映し出されてスタート。大きな歓声に包まれる中、メンバーはまるでモニターから飛び出して来たかのようなチャイナ風の衣装を身に纏って登場した。

「Ready Smile!!」から幕が上がると、ライブでは初披露となる最新シングル「FANTASTIC ILLUSION」「幻想曲WONDERLAND」と3曲立て続けにアップテンポなナンバーを披露し、MCに突入。久保田が「こんなにかわいいセットと衣装で1回しかないなんてもったいない!みんなしっかり見ていってね」と会場を盛り上げる。

続いて披露した「DIVE TO LIVE」では、扇子を使ったダンスパフォーマンスと観客とのコール&レスポンスに、ボルテージが一気に上昇。さらに「ドリームパレード」、ライブでは久々の披露となった「徒太陽」、「§Rainbow」と、ハッピーでパワフルな楽曲をパフォーマンスしていった。

山北が「ここからはi☆Risの違う一面を……“ダシ”のような曲を披露します」と宣言すると、青いライトに包まれ会場の雰囲気は一転。茜屋、芹澤が声優としても出演したTVアニメ『魔法少女サイト』のOPテーマ「Changing point」で、先程までと一変したパフォーマンスで観客を惹き込んでいく。

続けて披露した「泡沫の光」は、ミステリーアドベンチャーゲーム『Root Film』の主題歌に決定したばかりのライブ初披露となる新曲だ。見事なハーモニーで観客を魅了すると、武道館公演以来となる「Defy the fate」、TVアニメ『グリムノーツ The Animation』のEDテーマ「Endless Notes」と、バラードナンバーで高い歌唱力を披露した。


「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」の様子
再び場内が一転しモニターから雨音が流れると、メンバーは傘を持って登場。「YuRuYuRuハッピーデイズ」で傘を持ちながら可愛くパフォーマンスを決め、「鉄腕ガール」では芹澤が「今夜くらいセリコを見て」と歌詞の一部を言い換えるシーンもあった。

時間がすぎるのはあっという間で、若井の「最高に声だせますかー!!」の掛け声とともにラストスパートに突入。
「七福万来」に因んで2頭のパンダが登場し、会場を更に盛り上げると、TVアニメ『賢者の孫』のOPテーマ「アルティメット☆MAGIC」、そしてライブで盛り上がること間違いなしの「Make it!!」「ミラクル☆パラダイス」と激しいダンスが続く楽曲を、ラストスパートとは思えないクオリティの高さで披露する。ユニットとしてのパフォーマン力の高さを存分にみせつけ、本編の幕が閉じられた。


「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」の様子
本編終了後には澁谷が制作したスペシャルムービーが映し出され、メンバーからの「懐かしい曲を歌ってないよね?」「1stシングルの曲は?」という問いかけに、会場は一致団結。ファンからの「Color」のコールとともにアンコールがはじまる。
続けて、山北が「ここにいる全てのみんなへ届けたい曲」と紹介し「Thank you forever!」を披露すると、“君と出会えた奇跡 大切に胸に抱いてゆこう”と心情にリンクするような歌詞に、山北と澁谷が涙した。

そんな感動の中で行われた重大発表では、約2年半ぶりとなるアルバムのリリース、そして2020年4月より全国8会場15公演で行われる「i☆Ris 6th Live Tour 2020(仮)」の開催が明らかに。ライブツアーは中国公演が行われることも発表され、会場は歓喜の声で包まれる。
待望のアルバムは「どんなアルバムになるんだろう」と、ファンのみならずメンバーも待ちきれない様子。このほかサプライズとして、i☆Risの本気を見せる全力バラエティ『ガチ! i☆Ris』がニコニコチャンネル独占番組としてスタートすることも発表され、会場は驚きと歓喜に包まれた。

最後のMCでは、澁谷が「メンバー変わらず7年間続けられるってすごいこと。このメンバーで良かった」と述べると、久保田も「会場のみんなもi☆Risが好きだと思うけど、久保田はみんなに負けないくらいi☆Risが好き」とメンバーへの感謝を語り、これには若井が思わず涙する。


「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」の様子
続いて、そんな若井が「6人みんなの力で、この会場に皆さんを連れてこれたと思う。もっと良い景色を見せたい」と意気込むと、茜屋は「まだ7年。もっと長く続けていきたい。私達についてきて下さい!」とファンへ誓う。
芹澤は「この6人でなら自信をもって、集まったファンを1人残らず楽しませられる。背中を合わせられるのはこの6人!」と改めて6人の絆を語り、最後にリーダーの山北が「6人でこの景色を永遠に見せ続けていきたい」と力強くメッセージ。会場がこの日一番の熱気に包まれる中、ラストは「Happy New World☆」で幕が閉じられた。

「i☆Ris 4th アルバム(仮)」
発売日:2020年3月4日(水)
価格:CD+Blu-ray+PHOTOBOOK盤 8,000円+税
   CD+Blu-ray盤 5,000円+税
   CD ONLY盤 3,300円+税

「i☆Ris 6th Live Tour 2020(仮)」
■全8会場15公演
■チケット〈全席指定〉¥7,200(税込)小学生以上有料。未就学児童は入場不可。
※Zepp公演:ドリンク代別途600円あり
※枚数制限:4枚

「i☆Ris 7th Anniversary Live ~七福万来~」
■日程:2019年11月24日(日) 開場 17:00/開演 18:00
■会場:パシフィコ横浜 国立大ホール

Photographs 上山陽介 木村泰之
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集