BL作品の魅力を語る!「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」第6回レポート | アニメ!アニメ!

BL作品の魅力を語る!「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」第6回レポート

伊東健人さんが電子コミックアンバサダー・通称“電バサダー”としてお届けする番組『コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞』第6回レポート。番組内に登場した作品を紹介します。

ニュース
注目記事
BL作品の魅力を語る!「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」第6回レポート
  • BL作品の魅力を語る!「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」第6回レポート
伊東健人さんが電子コミック大賞応援アンバサダー・通称“電バサダー”としてお届けする番組「コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞」が配信スタート。

第6回はゲストに山口勝平さん、電子コミック大賞応援アシスタント“電タント”に田中美海さんをお迎えして、「電子コミック大賞2020」エントリー作品の魅力をご紹介します。
山口さんと伊東さんが語るBL論に、田中さんも同意が止まらない!

>第6回配信はこちら<

■年齢とともに変わるマンガの魅力


冒頭では、最近読んだマンガについて語る伊東さんと田中さん。昔から親しんでいる作品を改めて読み返すと、また違った魅力が見えてくるそうです。とくに『ワンピース』のウソップは年齢を重ねるにつれかっこよさに気づき、今では一番感情移入してしまうとか。

「これはゲストの方とお話ししたい」と田中さん。さっそく山口さんをお呼びすると、「『ワンピース』、読んでくれてありがとうございます!」と作品を代表してお礼を言っていました。

『ワンピース』をコミックシーモアで読む

■BL作品は演じがいがある


まずお届けするのは「リコメンドザ電子コミック大賞!」。リスナーから「電子コミック大賞2020」エントリー作品をジャンル問わずおすすめしてもらうコーナーです。

メールを紹介する前に、伊東さんは「BLって読みますか?」と山口さんに質問。山口さんは、仕事でずっとBL作品を読んでいた時期もあり、どんなジャンルにも抵抗はないそうです。
ちなみに山口さんがBL作品に初出演したときのお相手は、この番組にもゲスト出演した速水奨さん。伊東さん、思わず「聞きてえー!」と食いつきます。

広告の後にも続きます
BL作品は演じがいがあると語る山口さん。「人が人に惹かれていくときの心のひだをしっかり描いている」と言うと、伊東さんも「表現の幅が広がる」と役者目線からBL作品の面白さを語りました。

男性声優によるBL論に聴き入る田中さん。このトークだけでおなか一杯になりそうですが、“電タント”としての職務をまっとうすべくメールを紹介します。

1通目は、あいどさんによる『終末のワルキューレ』のプレゼン。人と神によるタイマンバトルが見どころの作品です。
「見てみたい偉人と神のドリームマッチは?」という質問に盛り上がる3人。孫悟空、宮本武蔵、織田信長など、夢の対決に妄想が止まりません。

『終末のワルキューレ』(アジチカ/梅村真也/フクイタクミ)をコミックシーモアで読む

続いて紹介するのは、はづきさんおすすめの『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』。オネエ組長のギャップに萌える純愛ものです。
思わず「オネエ大好き……!」とつぶやく田中さん。伊東さんと山口さんが口をはさむ隙もないほど、オネエキャラの魅力を熱く語りました。

『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』(天真夜)をコミックシーモアで読む

■先生はなぜ仏頂面?


次のコーナーは、タイトルからあらすじを予想する「あらすじ当てましょう!」。山口さんは「長いタイトルだとわかりやすそう!」と、短いタイトルが来ないことを祈ります。

今回の候補は『予知視』、『婚姻届に判を捺しただけですが』、『だったら俺に惚れてしまえ』、『先生は仏頂面してやってくる』、『転生幼女はあきらめない(サーガフォレスト)』の5作品。

・『予知視』(滝智次朗)をコミックシーモアで読む
・『婚姻届に判を捺しただけですが』(有生青春)をコミックシーモアで読む
・『だったら俺に惚れてしまえ』(おやぬ)をコミックシーモアで読む
・『先生は仏頂面してやってくる』(来栖ハイジ)をコミックシーモアで読む
・『転生幼女はあきらめない(サーガフォレスト)』(カヤ/藻)をコミックシーモアで読む

山口さんは『先生は仏頂面してやってくる』がBL作品だと聞き、意外性にびっくり。内容が気になり、あらすじを予想します。

「先生とお坊さんの話」、「飲み屋で出会う」など迷走する山口さん。残り時間が1分になっても、賞品の図書カードを全額手に入れるためにヒントを温存します。
伊東さんも手助けをしますが、決定的な要素にたどり着けず。結局ヒントを使い、保育士が登場することを知ります。

しかしここで時間切れ。「保育士を好きになってしまった先生。でも子どもに悟られたくないので仏頂面をしてやってくる」と回答しますが、残念ながら不正解となってしまいました。

『先生は仏頂面してやってくる』は、保育士の先生とサラリーマンによるBL作品。子どもには笑顔だけれど保護者に対しては仏頂面の保育士が、タイトルの由来となっています。

仏頂面がデレたときの破壊力がすごい」と魅力を語る伊東さん。ギャップ大好きな田中さんも「すてき!」と興味をそそられていました。

エンディングトークでも部分点をもらえるよう伊東さんがアピールしますが、受け入れてもらえなかった様子。山口さんは「当ててあげられなくてごめんね」と優しくフォローしていました。
「私がもっとBLに詳しかったら……!」と田中さんも悔しそう。おまけ放送ではリベンジできたのか、ぜひチェックしてみてください!

◆今回紹介したメール
「リコメンドザ電子コミック大賞!」
・ラジオネーム:あいど さん
『終末のワルキューレ』
・葉月 さん
『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』

◆メール募集


『コミックシーモアpresents 伊東健人と選ぶ!電子コミック大賞』では、みなさんからのメールを募集しています。

『リコメンドザ電子コミック大賞!』メール募集テーマ
【みなさんがおすすめする「電子コミック大賞2020」エントリー作品】
「男性部門」「女性部門」「BL部門」「TL部門」「ラノベ部門」5つの部門からあなたのおすすめ電子コミックを教えてください。

『伊東健人の気に入っていただけましたでSHOW!』メール募集テーマ
【伊東さんがプレゼンする時の「お題」】
ツンデレ風に、猫語で、全力疾走しながら…などなど、思いついたお題・シチュエーションをお送りください。

『ふつおた』メール募集テーマ
【MC・ゲストへの質問や応援メッセージ】
質問・応援メッセージのほかにも、番組で話してほしいこと、「電子コミック大賞2020」エントリー作品以外のおすすめマンガについてなどはこちらへお願いします!


メールの宛先は【dencomi@iid.co.jp】まで!
ラジオネームとコーナー名、メッセージをお忘れなく!

◆次回予告


次回、第7回の配信は11月20日21時から。
ゲストには緑川光さんをお迎えします!


お楽しみに!
《ハシビロコ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集