「シスター・プリンセス」20周年で、全国の“お兄ちゃん”騒然!? 12人の妹のひとり“可憐”がVTuberデビュー | アニメ!アニメ!

「シスター・プリンセス」20周年で、全国の“お兄ちゃん”騒然!? 12人の妹のひとり“可憐”がVTuberデビュー

『シスター・プリンセス』の20周年を記念した新プロジェクトとして、作中に登場する妹12人の内のひとりである可憐のバーチャルYouTuber(VTuber)デビューが決定。

ニュース
『シスター・プリンセス』バーチャルYouTuber:可憐(c)シスター・プリンセス20thプロジェクト(c)天広直人・公野櫻子/KADOKAWA
  • 『シスター・プリンセス』バーチャルYouTuber:可憐(c)シスター・プリンセス20thプロジェクト(c)天広直人・公野櫻子/KADOKAWA
  • 『シスター・プリンセス』バーチャルYouTuber:可憐(c)シスター・プリンセス20thプロジェクト(c)天広直人・公野櫻子/KADOKAWA
  • 『シスター・プリンセス』バーチャルYouTuber:可憐(c)シスター・プリンセス20thプロジェクト(c)天広直人・公野櫻子/KADOKAWA
『シスター・プリンセス』の20周年を記念した新プロジェクトとして、作中に登場する妹12人の内のひとりである「可憐」がバーチャルYouTuber(VTuber)としてデビュー決定。「可憐」の誕生日である9月23日に、初お披露目の生配信が行われる。また、公式YouTubeチャンネルでは、過去作品の無料配信が開始した。

『シスター・プリンセス』バーチャルYouTuber:可憐(c)シスター・プリンセス20thプロジェクト(c)天広直人・公野櫻子/KADOKAWA
バーチャルYouTuber:可憐【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『シスター・プリンセス』は、1999年3月号より「電撃G's magazine」誌上で連載されたオリジナルの読者参加型企画として誕生。イラストレーター・天広直人が手掛ける華やかで繊細なアートと、文芸担当・公野櫻子がつづる“妹たちからの心温まる手紙やエピソード”が読者の大反響となり、小説、ゲーム、キャラクターCD、TVアニメ、ラジオ、キャストによる音楽ユニット活動など多岐にわたるメディアミックス展開で注目を集める。

2017年3月にはアニメ化15周年を記念したBlu-ray BOXが発売。2018年9月にはライブイベント「KING SUPER LIVE 2018」で、アニメ主題歌アーティストのパフォーマンスやアニメから生まれた声優ユニット“Prits”が一夜限りの復活を遂げ、大きな話題を集めた。

2019年で20周年を迎えた本作は、8月30日発売の「電撃G's magazine」において、作中に登場する妹12人の内のひとり「可憐」の新プロジェクト始動が発表され、本作のファンこと“お兄ちゃん”たちが騒然。
そして9月9日、20周年を記念した特設サイトのオープンに加え、9月23日に「VTuber可憐」初お披露目生配信の実施が発表となった。

『シスター・プリンセス』バーチャルYouTuber:可憐(c)シスター・プリンセス20thプロジェクト(c)天広直人・公野櫻子/KADOKAWA
バーチャルYouTuber:可憐【画像クリックでフォトギャラリーへ】
また、公式YouTubeチャンネルでは9月9日から期間限定で、過去のTVシリーズから『シスター・プリンセス』全26話と、『シスター・プリンセス Re Pure』全13話が、1日1話ずつ無料配信される。

(C)シスター・プリンセス20thプロジェクト
(C)天広直人・公野櫻子/KADOKAWA
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集