劇場版「Free! RW」中学時代のチームメイト・郁弥を救うために遙は…「Free! DF」再構築版が公開【今週注目の映画】 | アニメ!アニメ!

劇場版「Free! RW」中学時代のチームメイト・郁弥を救うために遙は…「Free! DF」再構築版が公開【今週注目の映画】

アニメ好きにも観てほしい! 公開が始まったばかりのホットな話題映画をご紹介。 7月1週目の注目映画は『劇場版 Free!-Road to the World-夢』。

ニュース
注目記事
「劇場版 Free!-Road to the World-夢」(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会2019(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会
  • 「劇場版 Free!-Road to the World-夢」(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会2019(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会
  • 短編インディーズアニメ『絶望の怪物』場面カット(C)JUNYA KOTANI 2019
  • 短編インディーズアニメ『絶望の怪物』場面カット(C)JUNYA KOTANI 2019
  • 短編インディーズアニメ『絶望の怪物』場面カット(C)JUNYA KOTANI 2019
  • 短編インディーズアニメ『絶望の怪物』場面カット(C)JUNYA KOTANI 2019
  • 短編インディーズアニメ『絶望の怪物』場面カット(C)JUNYA KOTANI 2019
  • 短編インディーズアニメ『絶望の怪物』場面カット(C)JUNYA KOTANI 2019
  • 短編インディーズアニメ『絶望の怪物』場面カット(C)JUNYA KOTANI 2019
アニメ好きにも観てほしい! 公開が始まったばかりのホットな話題映画をご紹介。
7月1週目の注目映画は『劇場版 Free!-Road to the World-夢』。本作は2018年7月に放送されたTVアニメ『Free!-Dive to the Future-』を再構築した劇場作品。
大学に進学した遙と真琴は、中学生時代のチームメイトの旭、郁弥と再会するも、かつて結んだ絆は形を変え、郁弥を重く縛っていた。そんな郁弥を救いたいと遙は決断し行動していく――。
2020年には完全新作劇場版の公開も決定している『Free!』シリーズ。ぜひ劇場でチェックしてみてください!

『劇場版 Free!-Road to the World-夢』/7月5日公開



あらすじ


TVアニメ『Free!-Dive to the Future-』をリビルドした劇場版がついに始動。新たに結ばれた絆を抱きしめ、青年たちの物語はさらなる高みへ――!
「夢」それは、信じ続けることでいつかきっと花ひらくもの。
水に愛されたものは、光の向こうに手を伸ばし、夢を抱いたものは、燿く魂で栄冠を誓い、友の心を繋いだものは、彼らと共に約束の場所へ。絆を知るものたちは、輝かしい未来へ向けて泳ぎ始める――!
目指すは、世界。

キャスト&スタッフ


◆キャスト
七瀬 遙:島崎信長
橘 真琴:鈴木達央
松岡 凛:宮野真守
桐嶋 郁弥:内山昂輝
椎名 旭:豊永利行
葉月 渚:代永 翼
竜ヶ崎 怜:平川大輔
遠野日和:木村良平
山崎宗介:細谷佳正
桐嶋夏也:野島健児
芹沢 尚:日野 聡
◆原案:「ハイ☆スピード!」おおじこうじ(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
◆監督:河浪栄作(アニメーションDo)
◆構成:横谷昌宏
◆キャラクターデザイン・総作画監督:西屋太志
◆美術監督:笠井信吾
◆撮影監督:高尾一也
◆3D監督:柴田裕司
◆音響監督:鶴岡陽太
◆音楽:加藤達也
◆主題歌:STYLE FIVE「BRAVE DREAM」
◆アニメーション制作:京都アニメーション/アニメーションDo
◆配給:松竹
◆製作:岩鳶町後援会2019
(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会2019


『絶望の怪物』/7月6日公開


短編インディーズアニメ『絶望の怪物』(C)JUNYA KOTANI 2019

あらすじ


ある日、中学生の星野葵は自分と家族が醜い宇宙人の怪物だと知る。彼女と弟の雄太はそのことを知らないまま育った。両親がずっと隠していたから。怪物はおぞましい姿をしている。彼らは薬を使って人間の姿に化けていた。その薬がなぜかアオイにだけゆっくりと効かなくなっていく――。

2019年6月10日から名古屋・大須シネマにて上映されており、7月6日からは東京・下北沢トリウッドにて公開される。

キャスト&スタッフ


◆キャスト
麻言
香川理沙
小川隼
川嵜かおる
門倉智美
犬飼真志
◆アニメーション制作:コタニジュンヤ
◆音楽:AKIKO
◆音響効果:川田清貴
◆サウンドミキサー:咲良
◆英翻訳字幕:蔭山歩美
(C)JUNYA KOTANI 2019
《umi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集