「無限の住人」“完全アニメ化”決定! 「第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」に輝いたネオ時代劇 | アニメ!アニメ!

「無限の住人」“完全アニメ化”決定! 「第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」に輝いたネオ時代劇

講談社「アフタヌーン」にて、1993年6月~2012年12月連載の沙村広明によるコミック『無限の住人』が、3度目の映像化にして、“完全アニメ化”決定。発表にあわせて、ティザーページもオープンとなった。

ニュース
(C)沙村広明・講談社/「無限の住人-IMMORTAL-」製作委員会
  • (C)沙村広明・講談社/「無限の住人-IMMORTAL-」製作委員会
講談社「アフタヌーン」にて、1993年6月~2012年12月連載の沙村広明によるコミック『無限の住人』が、3度目の映像化にして、“完全アニメ化”決定。発表にあわせて、ティザーページもオープンとなった。

『無限の住人』の原作は、剣客集団・逸刀流に両親を殺された少女・凜が、不死身の用心棒・万次を雇って敵討ちを狙う様子を描き、1997年には「第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」に輝いた作品。
今回の“完全アニメ化”は、2008年に放送されたTVアニメ、2017年に上映された実写映画に続く、3度目の映像化だ。

現時点で、今回のアニメ化に際する制作スタッフやキャスト、放送・公開時期などの情報は未発表。続報を楽しみに待ちたい。
また、『無限の住人』は、2019年5月25日発売の「アフタヌーン」7月号より公式続編『無限の住人~幕末ノ章~』が連載開始となる。

(C)沙村広明・講談社/「無限の住人-IMMORTAL-」製作委員会
《松本 翼》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集