あなたが選ぶアニメの“愛の告白回”は?「コナン」「ナルト」「涼宮ハルヒの憂鬱」など長期シリーズや最終回が大人気! | アニメ!アニメ!

あなたが選ぶアニメの“愛の告白回”は?「コナン」「ナルト」「涼宮ハルヒの憂鬱」など長期シリーズや最終回が大人気!

アニメ!アニメ!では、「あなたが選ぶアニメの愛の告白回は?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版NARUTO制作委員会2014
  • 「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版NARUTO制作委員会2014
  • 「ソードアート・オンライン」(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project
  • 「Re:ゼロから始める異世界生活」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
  • 「多田くんは恋をしない」(C)TADAKOI PARTNERS
  • 『幽☆遊☆白書』(C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 (C)ぴえろ/集英社
  • 「機動武闘伝Gガンダム」(C)創通・サンライズ
  • TVアニメ『名探偵コナン』2週連続1時間スペシャル「紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~」キービジュアル(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS1996
  • TVアニメ『名探偵コナン』2週連続1時間スペシャル「紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~」キービジュアル(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS1996
5月9日は告白の日。

「こく(59)はく(白)」の語呂合わせから生まれた記念日であり、愛の気持ちを伝える日です。

アニメにとっても告白は一大イベントです。主人公やヒロインがプロポーズをする回は“告白回”と呼ばれ、ファンをキュンキュンした気持ちにさせます。これまでも数多くの作品でプロポーズが描かれてきましたが、アニメ!アニメ!読者の好きな告白回は一体何なのでしょうか?

そこでアニメ!アニメ!では、「あなたが選ぶアニメの愛の告白回は?」と題した読者アンケートを実施しました。4月26日から5月3日までのアンケート期間中に123人から回答を得ました。
男女比は男性約40パーセント、女性約60パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約35パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

■最終回や名台詞が人気!


『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』


まず映画からは『NARUTO -ナルト-』の『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』が登場。『NARUTO -ナルト-』386話「告白」も人気でしたが、劇場版完結編である本作に投票が寄せられました。

「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版NARUTO制作委員会2014
「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)劇場版NARUTO制作委員会2014
【アンケートに寄せられたコメント】
・「初めて愛を知ったナルトが暗闇に蝶々が光る幻想的なシーンを背景に告白したシーンが忘れられない」
・「ナルトが自分からヒナタに告白したときの男の顔がひどく印象的。愛を知った顔だった」


『名探偵コナン』616話-621話「ホームズの黙示録」 927-928話「紅の修学旅行」


同じく長期シリーズの名探偵コナンは2つのお話に人気が集中しました。「ホームズの黙示録」は新一が告白するエピソード。「紅の修学旅行」は蘭がそれに返事をするエピソードです。

TVアニメ『名探偵コナン』2週連続1時間スペシャル「紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~」キービジュアル(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS1996
TVアニメ『名探偵コナン』2週連続1時間スペシャル「紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~」キービジュアル(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS1996
【アンケートに寄せられたコメント】
・「新一らしく遠回しでキザな台詞が印象的だから」
・「あんなにカッコ良く告白できるのは新一だけだから」
・「蘭が新一のほっぺにキスをして告白への返事をしたからです。胸キュンしちゃいました」
・「20年以上時を経てついに! な回だから」


『ソードアート・オンライン』10話「紅の殺意」


キリトがアスナにキスをする注目エピソード。こちらはセリフも覚えているというファンが多かったです。

「ソードアート・オンライン」(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project
「ソードアート・オンライン」(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project
【アンケートに寄せられたコメント】
・「“俺の命は君のものだ、アスナ。だから君のために使う。最後の一瞬まで一緒にいよう”が好き。キリトがアスナのことを心の底から愛し、守りたいと決心したセリフだと思う」
・「キリトが罪悪感でいっぱいのアスナにキスをするところに優しさを感じるから」


■そのほか注目タイトルとコメントを紹介!!


『涼宮ハルヒの憂鬱』6話※2009年版(2006年放送時14話)「涼宮ハルヒの憂鬱VI」


・「“俺、実はポニーテール萌えなんだ。”は歴史に名を残す名台詞」
・「今まで素直になれなかったキョンが素直になってキュンとしたからです」

『Re:ゼロから始める異世界生活』18話「ゼロから」


・「ヒロイン・レムと主人公・スバルの想い。2/3以上が二人だけの会話劇という、異例な演出で繰り広げられる想いと想いの絡み合い……。そして強く結び直される堅い絆。アニメ史上に輝く名場面だと思います」

「Re:ゼロから始める異世界生活」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
「Re:ゼロから始める異世界生活」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

『Angel Beats!』10話「Goodbye Days」


・「“俺が結婚してやんよ”名台詞ですね。リアタイで視聴していましたが、この回は本当に号泣しました」

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』64話「旅路の涯」


・「錬金術師らしいプロポーズでとても印象に残っているから」

『多田くんは恋をしない』13話「俺も、一生、忘れない」


・「最後の桜が舞い散るシーンではホントにキュンキュンしてしまいました!」

「多田くんは恋をしない」(C)TADAKOI PARTNERS
「多田くんは恋をしない」(C)TADAKOI PARTNERS

『あずきちゃん』117話「勇之助くん! さよならはいわないで」


・「3年間、116話にわたって、ひたすらあずきちゃんから勇之助くんへの恋を描き続けてきた作品が、最終回で初めて、勇之助くんに愛を告げる場面を描いた」

『幽☆遊☆白書』97話「別れ・それぞれの旅立ち」


・「螢子とはいつもケンカしてた幽助が告白すっ飛ばしてプロポーズ! もう観たときは叫んだ! カッコイイ!」

『機動武闘伝Gガンダム』49話「Gガンダム大勝利! 希望の未来へレディ・ゴーッ!!」


・「とにかく熱すぎる!」

今回のアンケートでは『涼宮ハルヒの憂鬱』や『多田くんは恋をしない』、『あずきちゃん』など最終回としてオンエアされたエピソードが多数ランクインしました。
長期シリーズの作品が多いことも特徴であり、長年の恋愛が成就したことでファンの記憶に残っているようです。令和を迎えて、どんな告白シーンが見られるのか。これからのアニメにも注目していきましょう!
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集