「どろろ」4月から新章突入...最新PVも公開! ASIAN KUNG-FU GENERATIONがOP主題歌を担当 | アニメ!アニメ!

「どろろ」4月から新章突入...最新PVも公開! ASIAN KUNG-FU GENERATIONがOP主題歌を担当

2019年1月から放送中のTVアニメ『どろろ』が、4月8日より新章突入する。あわせて、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが書き下したOP主題歌「Dororo」、Eveが書き下したED主題歌「闇夜」を使用した第4弾アニメPVが公開となった。

ニュース
TVアニメ『どろろ』場面カット(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面カット(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面カット(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面カット(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面カット(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面カット(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面カット(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • Eve
2019年1月から放送中のTVアニメ『どろろ』が、4月8日より新章突入する。あわせて、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが書き下したOP主題歌「Dororo」、Eveが書き下したED主題歌「闇夜」を使用した第4弾アニメPVが公開となった。


物語は戦国時代、醍醐の国の主・景光が“生まれる前の我が子”の身体と引き換えに、領土の繁栄を12体の鬼神像に願ったことから始まる。
その後生まれてきた世継ぎは、身体のあちこちが欠けており、忌み子としてそのまま川に流され捨てられてしまうが、鬼神は景光との約定を果たし国に平安が訪れた。
時が流れたある日、幼い盗賊“どろろ”は、両腕に刀を仕込む全身作り物の男“百鬼丸”と出会い……。

ASIAN KUNG-FU GENERATION
新章でOP主題歌を務めるASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文は、書き下し楽曲「Dororo」について「時代設定の古い奇譚の裏には、現代社会や人間そのものへの風刺などが含まれていて、とても重層的で奥深い作品だと思います。原作である手塚マンガに恥じないよう、思いを込めて楽曲を制作しました」とコメント。

Eve
ED主題歌を担当するEveも、書き下し楽曲「闇夜」について「生まれもった醜い姿との付き合い、孤独との向き合い曲げる事のない己の信念、その瞳の奥の計り知れない深さ。他者との心の通わしから生まれる新たな感情。そして出会いと別れ、本当に大切なものは何か。食うか食われるかの呪われたこの世界で、奪われた体を取り戻す今、鬼ではなく人を宿し、百鬼丸は何を思うのか。『どろろ』を読ませて頂いて僕がこの作品から感じた事を書きました」と、込めた思いを語った。

TVアニメ『どろろ』新章は、4月8日よりスタート。

(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
《小野瀬太一朗》
【注目の記事】[PR]