『キャプテン・マーベル』ミステリアスな女性ヒーロー降臨!日本版予告公開 | アニメ!アニメ!

『キャプテン・マーベル』ミステリアスな女性ヒーロー降臨!日本版予告公開

マーベル・スタジオ初の女性ヒーロー単独主演作『キャプテン・マーベル』の日本公開日が、2019年3月15日(金)に決定!さらに日本版予告が解禁となった。

ニュース
『キャプテン・マーベル』ティザーポスター (C)Marvel Studios 2018
  • 『キャプテン・マーベル』ティザーポスター (C)Marvel Studios 2018
  • 『Captain Marvel』コミコン (C) Getty Images
  • 『Captain Marvel』コミコン (C) Getty Images
  • ブリー・ラーソン-(C)Getty Images
  • ジュード・ロウ -(C)Getty Images
マーベル・スタジオ初の女性ヒーロー単独主演作『キャプテン・マーベル』の日本公開日が、2019年3月15日(金)に決定! さらに“アベンジャーズ”誕生の鍵を握る、ミステリアスな女性ヒーローが降臨する本作の日本版予告も解禁となった。

■舞台は1995年。アベンジャーズが結成される以前の物語――


ロサンゼルスのビデオショップに空から降ってきた謎の女性。驚異的なチカラをもつ彼女は、身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに常に悩まされていた。そして、その記憶に隠された秘密を狙うのは、自在に姿を変える正体不明の敵…。彼女はキャプテン・マーベルとして、やがて最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”を結成することになる若き日のニック・フューリーと共に、自らの記憶をめぐる戦いに立ち向かっていく! 彼女の記憶に隠された秘密とは? 彼女は一体、何者なのか? 真実が明らかになるとき、“すべて”が覆る――。


■マーベル初の女性監督のもとブリー・ラーソン&ジュード・ロウら集結


過去の記憶を失った、謎めく女性ヒーロー“キャプテン・マーベル”を演じるのは、『ルーム』(’15)でアカデミー賞主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン。マーベル史上最強ともいわれる力を持ちながらも、本当の自分を探し求め、失われた記憶の秘密を解き明かす戦いに身を投じていく複雑なキャラクターを、どう演じるのか要注目。


ほかにも、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』も控えるジュード・ロウ、『アベンジャーズ』シリーズのサミュエル・L・ジャクソン、「エージェント・オブ・シールド」のクラーク・グレッグら豪華キャスト陣も集結。そして、マーベル初の女性監督となるアンナ・ボーデンと、彼女と長年タッグを組んできたライアン・フレックの両監督が、ミステリアスな女性ヒーローの誕生譚を豊かな人間ドラマとスリリングなアクションを交えて描き出す。

タイトル未定の『アベンジャーズ』第4弾にも登場するといわれるキャプテン・マーベル。“アベンジャーズ”誕生のきっかけとなるマーベル最重要ヒーローの始まりが、予測不能のサスペンスフル・アクション・エンターテインメントとして幕を開ける!

『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日(金)より全国にて公開。

“アベンジャーズ”誕生の鍵を握る『キャプテン・マーベル』公開日は3月15日に!日本版予告も

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集