「進撃の巨人」ハリウッド実写映画化! エレン役は?リヴァイ役は? Twitterでキャスティング予想が白熱 | アニメ!アニメ!

「進撃の巨人」ハリウッド実写映画化! エレン役は?リヴァイ役は? Twitterでキャスティング予想が白熱

10月30日、「別冊少年マガジン」で連載中の『進撃の巨人』が、ハリウッドで実写映画化されることが明らかになりました。Twitterではファンが早速のキャスティング予想で盛り上がっています。

ニュース
マンガ『進撃の巨人』
  • マンガ『進撃の巨人』
10月30日、「別冊少年マガジン」で連載中の『進撃の巨人』が、ハリウッドで実写映画化されることが明らかになりました。ホラー映画史上最もヒットした『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ監督ら主要制作陣も発表されており、早速Twitterではファンによるキャスティング予想で盛り上がっています。

ハリウッド版実写映画の主要制作陣はアンディ・ムスキエティ監督以下、プロデューサーに『ハリー・ポッター』シリーズのデイビッド・ヘイマン氏。ハリウッド版『デスノート』プロデュースのマシ・オカ氏。監督の姉であり、ともに作品を手掛けてきたバルバラ・ムスキエティ氏という布陣。これに加えて、制作は『ゼロ・グラビティ』のヘイデイ・フィルムズが担当するとのことです。

また、ハリウッドでの実写映画化が発表された後、原作マンガの編集担当者バックさんは自身のTwitterで、原作者の諫山創氏が監督について「進撃にとって、今考えられる最高の人選なんじゃないか」と述べていたことを伝えています。


このニュースを受けて、Twitterでは「エレン:ディラン・オブライエン」(※1)、「エルヴィンはクリエヴァなんだろうな?」(※2)、「リヴァイ兵長のあの目は、性別は違えどクリスティン・スチュワートしかいない」(※3)、「アルミンはこてこての北欧少年の起用をお願いいたします!ぼくのエリのオスカーくらいの!」(※4)など、早くもキャストを予想するツイートが白熱。

このほかにも「ライナー役はクリスプラットでお願いします」(※5)、「ミカサは絶対東洋系でってことで、忽那汐里はどうだろう?」(※6)、「キース教官はJKシモンズで」(※7)といった様々な声が上がっており、今後の続報にも注目が集まりそうです。

(※1 ディラン・オブライエン:『メイズ・ランナー』シリーズのトーマス役)
(※2 クリス・エヴァンス:『アベンジャーズ』のスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ役)
(※3 クリスティン・スチュワート:『トワイライト』シリーズのベラ・スワン役)
(※4 カーレ・ヘーデブラント:『ぼくのエリ 200歳の少女』のオスカー役)
(※5 クリス・プラット:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のピーター・クイル/スター・ロード役)
(※6 忽那汐里:『デッドプール2』のユキオ役)
(※7 J・K・シモンズ:『セッション』のテレンス・フレッチャー役)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集