湯浅政明監督、新作「きみと、波にのれたら」発表! 今度は“女子大生と消防士のラブストーリー” | アニメ!アニメ!

湯浅政明監督、新作「きみと、波にのれたら」発表! 今度は“女子大生と消防士のラブストーリー”

東京・六本木ヒルズで開催中の第31回東京国際映画祭 (TIFF) において『夜明け告げるルーのうた』上映イベントにて、10月28日、湯浅政明監督による舞台挨拶を新作の発表が行われた。

ニュース
湯浅政明監督、新作「きみと、波にのれたら」発表! 今度は“女子大生と消防士のラブストーリー”
  • 湯浅政明監督、新作「きみと、波にのれたら」発表! 今度は“女子大生と消防士のラブストーリー”
  • 湯浅政明監督、新作「きみと、波にのれたら」発表! 今度は“女子大生と消防士のラブストーリー”
  • 湯浅政明監督、新作「きみと、波にのれたら」発表! 今度は“女子大生と消防士のラブストーリー”
  • 湯浅政明監督、新作「きみと、波にのれたら」発表! 今度は“女子大生と消防士のラブストーリー”
東京・六本木ヒルズで開催中の第31回東京国際映画祭(TIFF) 。10月28日に行われた『夜明け告げるルーのうた』上映イベント内で、湯浅政明監督の新作発表が行われた。
新作はオリジナル長編映画で、サーファーの女子大生と消防士の青年のラブストーリー『きみと、波にのれたら』。2019年初夏に公開予定だ。本イベントでビジュアルも初披露となった。

湯浅監督は新作について「続編ではありませんが『夜明け告げるルーのうた』とつながっているお話」とルーでやらなかったラブストーリーをこの作品でやると明言。

これまでにも『マインド・ゲーム』『夜は短し歩けよ乙女』で恋愛を描いてきたが、そのどちらも作家性の強い作品だ。司会の笠井信輔アナウンサーの「ストレートな恋愛で終わるのか」という質問に「僕がやるから少し違ったものもあるかもしれない。物語の最初は意外な始まり方をします」としつつ、最終的にはきっと満足してもらえるはずと自信をのぞかせた。

主人公は向水ひな子(むかいみずひなこ)はサーフィンが大好きな19歳の大学生と、21歳の消防士・雛罌粟港(ひなげしみなと)。
ひな子は明るくあっけらかんとした性格だが自分の未来について自信を持てずにおり、一方で港は正義感が強く仕事でも信頼されており、器用で何でもそつなくこなしているように見えるが実は人一倍努力家。

サーフィンが得意だけど自分に自信がないひな子の「彼と一緒に波にのれたら」、消防士の港の「彼女を波にのせてあげられたら」と想う気持ちを描いたという。キャストはまだ未公開。

公開となった公式サイトで湯浅監督は「仕事や生活の中でも、『波にのる』という感覚はよくあります。『調子良く』という意味もありますが、波はなかなかこちらの思い通りの形はしていません。選択してその波にのってみる。合わせる。波がこちらの行きたい所へ連れてってくれるかは、乗り終わった後でないと分かりません。あれこれ考えても乗ってみなければ分からない。極力波を選択し、したたかに生きなければという世の中で、純粋な主人公を波にのせてあげたいと思いました」とコメントしている。

第31回東京国際映画祭では「アニメーション監督 湯浅政明の世界」と題して、これまで湯浅監督が手がけてきた作品を上映中。会期は11月3日まで。
《川俣綾加》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース