コスプレイヤー・五木あきらがドラマ初出演&初主演!“レイヤーと演技”について思いを語る | アニメ!アニメ!

コスプレイヤー・五木あきらがドラマ初出演&初主演!“レイヤーと演技”について思いを語る

世界各国で活躍中の人気コスプレイヤー・五木あきらが、2018年10月27日に放送されるオムニバスホラードラマの1編『戦慄女子 キャンプ女編』にドラマ初出演決定。

ニュース
『戦慄女子 キャンプ女編』(C)エンタメ~テレ
  • 『戦慄女子 キャンプ女編』(C)エンタメ~テレ
  • 『戦慄女子 キャンプ女編』(C)エンタメ~テレ
  • 『戦慄女子 キャンプ女編』(C)エンタメ~テレ
  • 『戦慄女子 キャンプ女編』(C)エンタメ~テレ
世界各国で活躍中の人気コスプレイヤー・五木あきらが、2018年10月27日に放送されるオムニバスホラードラマの1編『戦慄女子 キャンプ女編』にドラマ初出演&初主演することが決定。
出演に際して五木は「コスプレイヤーが、2.5次元の舞台やドラマに出られるようになるといいですね」と、自身の役どころやコスプレについてのコメントを寄せている。

『戦慄女子』は、恐怖の心霊現象からくすっと笑えるホラーコメディ、そして人間が抱える狂気をテーマにしたリアルな設定の作品を、毎回違うヒロインと共にオムニバス形式でおくるオリジナルドラマ。


そして新作「キャンプ女編」に出演する五木は、キャンプ場に訪れた4人の若者たちの前に姿を現し、不思議な現象を巻き起こす謎のヒロイン・ラビを担当。これまで演技の仕事をすべて断っていた五木だが、“ホラーが大好き”だからという理由で出演を決めたという。

実際に与えられた役は、怖がる側ではなく、どちらかと言うと怖がらせる側。これについて藤田真一監督は「五木さんはコスプレイヤーなので、コスプレ要素のあるキャラクターを演じて欲しかった」と語っており、ラビは五木あきらのために用意されたキャラクターであることが明かされた。

「戦慄女子 キャンプ女編」より(C)エンタメ~テレ
そんなラビを演じた感想として五木は「表情や仕草だけで、ラビのミステリアスな雰囲気を出すのが、難しかったです。他の役者さんたちの演技の迫力に気圧されて、一気に緊張感が高まりました」と語り、「もっともっとお芝居の勉強しようと思いました」と、現場で大きな刺激を受けたようだ。

また演技とコスプレの関係について「私はコスプレして人前に出る時、そのキャラクターがどのような動きをするのかを考えますが、まだ“らしくしている”程度でしかありません。演技が出来ればキャラクターに入り込んで、その結果、ファンの人たちをもっと魅了することが出来るはずです」と意気込みを露わに。


さらに「コスプレイヤーが、2.5次元の舞台やドラマに出られるようになるといいですね。2.5次元は演技が出来る役者さんが出演されていますが、役者のみなさんも見た目はキャラクターに似せていて、コスプレに近い部分もあると思います。私たちコスプレイヤーが、きちんと演技を勉強して、キャラクターをきちんと演じられるようになれば、別のフィールドでも活躍が出来て、幅が広がりますよね」と熱弁している。

『戦慄女子 キャンプ女編』は2018年10月27日22時30分より、「CS局エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ」にて放送。

■出演:五木あきら、萬歳光恵、安田ゆう、土居健蔵、夏野香波
■監督:藤田真一(映画「W~二つの顔を持つ女たち~」「戦慄女子 トル女編」)
■放送スケジュール:2018年10月27日(土) 午後10:30~11:00
  ※メ~テレ地上波での放送予定はありません。


(C)エンタメ~テレ
《MoA》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集