「おこしやす、ちとせちゃん」堤真一がアニメのナレーションを初担当 | アニメ!アニメ!

「おこしやす、ちとせちゃん」堤真一がアニメのナレーションを初担当

2018年秋の新作TVアニメ『おこしやす、ちとせちゃん』のメインキャストが発表された。ナレーションは俳優の堤真一が担当。各話のキャラクターは遊佐浩二と小岩井ことりが務める。

ニュース
「堤真一」
  • 「堤真一」
  • 「おこしやす、ちとせちゃん」(C)夏目靫子・講談社/VAP
  • 「ちとせちゃん」(C)夏目靫子・講談社/VAP
  • 「遊佐浩二」
  • 「小岩井ことり」
  • 「にゃんぞぬデシ」
2018年秋の新作TVアニメ『おこしやす、ちとせちゃん』のメインキャストが発表された。ナレーションは俳優の堤真一が担当。各話のキャラクターは遊佐浩二と小岩井ことりが務める。

『おこしやす、ちとせちゃん』は、夏目靫子が2016年より「BE・LOVE」に連載中のマンガが原作。観光地として不動の人気を誇る京都を舞台に、渡月橋や嵐山の竹林、伏見稲荷大社、清水寺といった誰もが知る名所をペンギンの「ちとせちゃん」の視点から描いた作品だ。10月5日からショートアニメとして放送がスタートする。

『おこしやす、ちとせちゃん』

このたび、本作のナレーションを俳優の堤真一が務めることが分かった。堤はドキュメンタリーやドラマのナレーションは数多く担当しているが、アニメは今回が初めて。

堤真一

主人公のちとせちゃんが喋らないこともあり、ナレーションは進行役として重要な役割を担う。アフレコについて堤は「主人公はゆるカワなペンギンなので、普段のナレーションはトーン低めですが、今回は“優しい目線”を意識してみました」と語った。

さらに各話に登場する人物キャラクターは、京都出身の遊佐浩二と小岩井ことりがすべて担当する。遊佐は「ショートアニメですが、時間に追われることなくゆったり観ることができます。京都の雰囲気をぜひ味わってください」、小岩井は「約10秒の間に6役を演じるシーンがありとても大変でしたが、頑張って演じさせていただきました。ぜひ、観ておくれやす」とコメントを発表した。

遊佐浩二

小岩井ことり

エンディングテーマ曲は女性シンガーソングライター・にゃんぞぬデシによる「泣く子も笑う」に決定。アニメ主題歌を初担当する。
にゃんぞぬデシは「ちとせちゃんが見ている感じている世界を思い浮かべてみたら、優しくて温かくてひたむきな気持ちで曲が生まれました」とコメントを寄せている。

にゃんぞぬデシ

TVアニメ『おこしやす、ちとせちゃん』
2018年10月5日25:35~ TOKYO MX、KBS京都にて放送開始

ナレーション
堤真一
キャスト
遊佐浩二、小岩井ことり
エンディングテーマ
にゃんぞぬデシ「泣く子も笑う」(三毛猫レコーズ)

(C)夏目靫子・講談社/VAP
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集