ピンチのときに助けてほしいヒーローは?「シティーハンター」冴羽りょうを抑えた1位はあの“師弟”ヒーロー! | アニメ!アニメ!

ピンチのときに助けてほしいヒーローは?「シティーハンター」冴羽りょうを抑えた1位はあの“師弟”ヒーロー!

アニメ!アニメ!では、「ピンチのときに助けてほしいヒーローは?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
『劇場版シティーハンター(仮題)』(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
  • 『劇場版シティーハンター(仮題)』(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
  • 「銀魂」(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • 「TIGER & BUNNY」(c)BNP/T&B PARTNERS (c)BNP/T&B MOVIE PARTNERS
  • 「ワンパンマン」(C) ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部
  • 「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV(C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018
  • 「映画ドラえもん のび太の宝島」(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
  • 「ONE PIECE FILM GOLD」(C)尾田栄一郎/集英社(C)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会
  • 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』メインビジュアル(c)2018「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社
9月9日は救急の日。

「99(きゅうきゅう)」の語呂合せから、厚生省と消防庁が1982年に制定しました。救急業務や救急医療についての理解と認識を深め、救急医療関係者の士気を高める日となっています。

アニメでもピンチのときに駆けつけてくれるキャラクターは多数存在します。正義の味方であったり、エースパイロットであったり、伝説の勇者だったりと、その役柄もさまざまです。

そこでアニメ!アニメ!では、「ピンチのときに助けてほしいヒーローは?」と題した読者アンケートを実施しました。8月28日から9月4日までのアンケート期間中に148人から回答を得ました。
男女比は男性約23パーセント、女性約77パーセントと女性がメイン。年齢層は19歳以下が約48パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

■『ヒロアカ』の師弟が同順位! ジャンプ作品が高い支持


1位は『僕のヒーローアカデミア』の緑谷出久(デク)とオールマイトが同票でランクイン。支持率は約12パーセントでした。
主人公のデクはヒーローになることを夢見る少年です。生まれつき“無個性”だったため特別な力を持っていませんが、No.1ヒーローのオールマイトと出会ったことで運命を変えていきます。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』メインビジュアル(c)2018「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社
デクには「誰よりもヒーローになりたいと思っているから、優しく救ってくれそう」や「怖くて不安のときに笑顔で助けてくれそう」というコメントが見られました。デクの強さはもちろん、熱い気持ちや優しさに惹かれているファンが多いようです。

アニメ『僕のヒーローアカデミア』(c)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』(c)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社
オールマイトには「絶対的なヒーロー、平和の象徴としての安心感。こんなに信頼されてるヒーローは他にいない」や「"私が来た!"って言って助ける姿がかっこいいから」との声が。その圧倒的なパワーが支持を集めた理由です。

アニメ『僕のヒーローアカデミア』(c)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』(c)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社
ヒーローアニメと言うことで、そのほかのキャラの人気も高く、同率6位には半冷半燃の個性を持つ轟焦凍、同率11位は爆破の個性を持つ爆豪勝己が選ばれています。デクとオールマイト、師弟関係にある二人が同率で並ぶ驚きの結果となりました。

3位は『シティーハンター』の冴羽リョウ。支持率は約8パーセントでした。リョウは新宿を根城にしている伝説の始末屋(スイーパー)。射撃の腕前は超一流で、さまざまな依頼を受けて裏社会で暗躍する悪を討ちます。
彼には「依頼人やパートナーのピンチには必ず駆けつける。まさにヒーローです」や「普段はスケベだけど、ピンチのときには必ず助けてくれるヒーローだから」という意見が集まりました。

『劇場版シティーハンター(仮題)』ティザーポスター(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会 
2019年2月8日には『劇場版シティーハンター』が公開されます。日本はもちろん海外でも人気の高いシリーズであり、約20年ぶりとなる新作長編アニメに盛り上がりを見せています。

今回のアンケートでは「週刊少年ジャンプ」原作のキャラクターが目立つ結果となりました。トップ10では『僕のヒーローアカデミア』、『シティーハンター』、『銀魂』、『ワンピース』の4作品がランクイン。「勝利」が三本柱の一つである少年誌なだけに、その力強さがファンの胸に刻まれているようです。

少数票では本場のアメコミヒーローの『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』アイアンマンや、劇中作品である『クレヨンしんちゃん』アクション仮面も確認できました。くじけない心を持っていたり、包み込むような優しさが感じられたり、何事にも恐れない強さが頼もしかったりと、ヒーローもさまざまだと気付かされる結果でした。

■ランキングトップ10


[ピンチのときに助けてほしいヒーローは?]

1位 緑谷出久(デク) 『僕のヒーローアカデミア』
1位 オールマイト 『僕のヒーローアカデミア』
3位 冴羽リョウ 『シティーハンター』
4位 坂田銀時 『銀魂』
5位 ワイルドタイガー 『TIGER&BUNNY』
6位 サイタマ 『ワンパンマン』
6位 轟焦凍 『僕のヒーローアカデミア』
8位 アンパンマン 『それいけ!アンパンマン』
9位 ドラえもん 『ドラえもん』
9位 モンキー・D・ルフィ 『ワンピース』

(回答期間:2018年8月28日~9月4日)

次ページ:ランキング20位まで公開
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集