実写「銀魂2」早くも興行収入25億円突破!小栗旬らの副音声上映も好評 | アニメ!アニメ!

実写「銀魂2」早くも興行収入25億円突破!小栗旬らの副音声上映も好評

現在劇場にて公開中の『銀魂2 掟は破るためにこそある』の興行収入が9月4日時点で25億円を超え、シリーズ累計動員数は485万人を突破した。さらに、副音声上映と応援上映も始まり、さらなる盛り上がりに注目が集まっている。

ニュース
『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • 『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
現在劇場にて公開中の『銀魂2 掟は破るためにこそある』の興行収入が9月4日時点で25億円を超え、シリーズ累計動員数は485万人を突破した。さらに、副音声上映と応援上映も始まり、さらなる盛り上がりに注目が集まっている。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
原作は、空知英秋が「週刊少年ジャンプ」で連載中のギャグコミック『銀魂』。小栗旬を主演に2017年に実写映画化。その続編として『銀魂2 掟は破るためにこそある』が公開された。

本作の公開初日は平日にも関わらず、興行収入279,910,100円/動員数215,903人を記録。前作を上回る好スタートを切った。そして、その勢いを保ちながら9月4日時点で興行収入25億円を超え、シリーズ累計動員数は485万人を突破。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
さらに2018年10月18日まで、無料アプリ「UDCast」を活用し、小栗をはじめ、菅田将暉・橋本環奈・福田雄一監督による副音声上映も開始する。既に本上映を体験した来場者は「(いい意味で) シリアスなシーンでも笑わせてくるから、マジで気をつけて(笑)」、「一人で笑い我慢大会」と、一風変わった試みも好評のようだ。

また、一部劇場では2018年9月7日から、金曜日に応援上映を実施。怒濤のアクション、抱腹絶倒のギャグが収められた本作にはピッタリな上映会となっている。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、全国の劇場にて公開中。

※映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』興行成績レポート※
『銀魂』興行収入25億円突破…公開から21日目(2017年7月14日公開)
『銀魂2』興行収入25億円突破…公開から19日目(2018年8月17日公開)


(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
《MoA》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集