「ゲゲゲの鬼太郎」新章“西洋妖怪編”に田中秀幸&ゆかな&山村響ら6名の出演が決定 | アニメ!アニメ!

「ゲゲゲの鬼太郎」新章“西洋妖怪編”に田中秀幸&ゆかな&山村響ら6名の出演が決定

2018年10月7日から新章“西洋妖怪編”がスタートするTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』。本放送に向け、西洋妖怪軍団のバックベアード役・田中秀幸、アニエス役・山村響、アデル役・ゆかなら6名の出演者が明らかになった。併せてコメントも到着した。

ニュース
TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』西洋妖怪編キービジュアル (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
  • TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』西洋妖怪編キービジュアル (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
  • TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 バックベアード役:田中秀幸(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
  • TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 アニエス役:山村響(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
  • TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 アデル役:ゆかな(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
  • TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 カミーラ役:井澤詩織(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
  • TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 ヴィクター・フランケンシュタイン役:白石涼子(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
  • TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 ヴォルフガング役:草尾毅(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
2018年10月7日から新章“西洋妖怪編”がスタートするTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』。本放送に向け、西洋妖怪軍団のバックベアード役・田中秀幸、アニエス役・山村響、アデル役・ゆかなら6名の出演者が明らかになった。併せてコメントも到着した。

『ゲゲゲの鬼太郎』の原作は、水木しげるさんによるコミック。1968年にはTVアニメ第1期が放送され、2018年には50周年記念作である第6期が放送中だ。
物語の舞台は、人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明が出来ない現象が起こる中、妖怪ポストに手紙を書いた少女・まなの前にゲゲゲの鬼太郎がやってきた……。

そして新章“西洋妖怪編”では、歴代シリーズの中でも強敵と謳われるバックベアードが、西洋妖怪たちを引き連れて襲来。日本を舞台に、鬼太郎ファミリーと西洋妖怪の熾烈なバトル=妖怪大戦争が始まる。

圧倒的な妖力を誇る西洋妖怪最強の帝王であり、世界の全てを支配することを目的とする独裁者・バックベアードを演じる田中は「今期の鬼太郎で演じさせていただいた蟹坊主も魅力的なキャラクターでしたが、今回の役は西洋妖怪最強の帝王ということで、これまた演じるのが楽しみです」とコメント。

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 バックベアード役:田中秀幸(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
バックベアードの元から日本に逃亡してきた西洋妖怪の魔女・アニエス役・山村は「実は小さい頃、鬼太郎に恋をしていた時期があったりして、そんな風に夢中になって観ていた歴史深い作品に出演させて頂けるなんて夢のようです。魔女の女の子・アニエスが物語へどのように関わっていくのか、わくわくしながら精一杯演じていきたいと思います」と驚きのコメントを寄せた。

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 アニエス役:山村響(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
バックベアード軍団を率いる女将軍であり、アニエスの姉というアデル役・ゆかなは「アデルは責任と誇りにその存在を捧げてきたような印象です。姉として将軍として、どんな在り方を選んでいくのか今から楽しみです」と熱弁している。

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 アデル役:ゆかな(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
また西洋妖怪軍団の一味から、人間体から狼男に変身する、ヴォルフガング役を草尾毅、残忍な性格のマッドサイエンティスト、ヴィクター・フランケンシュタイン役を白石涼子、妖艶な美貌であらゆる生物を虜にするカミーラ役を井澤詩織が演じることも明らかになった。

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 カミーラ役:井澤詩織(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第27話「襲来!バックベアード軍団」は10月7日、フジテレビほかにて放送。

■放送日時
フジテレビほかにて毎週日曜午前9時~9時30分放送(一部地域を除く)
■出演者
ゲゲゲの鬼太郎/沢城みゆき 目玉おやじ/野沢雅子 ねずみ男/古川登志夫 ねこ娘/庄司宇芽香 犬山まな/藤井ゆきよ 砂かけばばあ/田中真弓
子泣きじじい&ぬりかべ/島田敏 一反もめん/山口勝平
■スタッフ
原作:水木しげる
シリーズディレクター:小川孝治 シリーズ構成:大野木寛
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
音楽:高梨康治、刃-yaiba-、制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション


(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
《水上美晴》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集