コンセプトは“鋼の筋肉を持つ巨人”「エヴァ」山下いくと監修による初号機フィギュア | アニメ!アニメ!

コンセプトは“鋼の筋肉を持つ巨人”「エヴァ」山下いくと監修による初号機フィギュア

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のメカニックデザイナー山下いくと氏監修によるフィギュア「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」の発売が決定した。

ニュース
「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」23,760円(税込)(C)khara
  • 「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」23,760円(税込)(C)khara
  • 「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」23,760円(税込)(C)khara
  • 「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」23,760円(税込)(C)khara
  • 「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」23,760円(税込)(C)khara
  • 「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」23,760円(税込)(C)khara
  • 「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」23,760円(税込)(C)khara
  • 「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」23,760円(税込)(C)khara
  • 「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」23,760円(税込)(C)khara
アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のメカニックデザイナー山下いくと氏監修によるフィギュア「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」の発売が決定した。


本商品は、大人向けコレクターズ商品ブランド「TAMASHII NATIONS」で展開している完成品ハイエンドモデル「METAL BUILD(メタルビルド)」より、エヴァンゲリオンメカニックデザインの生みの親、山下いくと氏監修により商品用にアレンジデザインされた物。


“鋼の筋肉を持つ巨人”というコンセプトを軸に、作品性と金属の質感を融合させた全高約220mmの完成品ロボットフィギュアとして、全身にわたるデザイン、構造面に至るまで山下氏が協力し、全く新しいデザインでありながら、ファンが思い描くエヴァンゲリオンのイメージを具現化した最先端ともいえる逸品だ。

本体各部にダイキャスト&メッキ加工を採用し、金属でありながらしなやかなラインを持つ、独特な質感が唯一無二の存在感を生み出しており、人体を彷彿とさせる広域な可動範囲を確保。そしてスタンドは、作中の拘束ケージをモチーフとした豪華な仕様である。



さらに新たに設定された追加装備により、全体イメージが劇的に変化。新たな形となったマゴロク・エクスターミネート・ソード、ハンドガン、プログレッシブ・ナイフを取り付けることでプレイバリューが向上する。

「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」の価格は23,760円(税込)。9月3日に魂ウェブホームページ他にて予約が開始され、発売は2019年2月を予定している。気になるチルドレンたちは是非チェックしてほしい。

【商品概要】
商品名:「METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機」
メーカー希望小売価格:23,760円・税8%込/22,000円・税抜
発売予定日:2019年2月発売予定
予約解禁日2018年9月3日(月)予約受付開始
サイズ:全高約220mm
セット内容:本体、交換用手首左右各4種、プログレッシブ・ナイフ、マゴロク・エクスターミネート・ソード、カウンターソード、パレットライフル、ハンドガン、パレットライフルオプション一式、アンビリカルケーブル、ジョイント一式、ゴーグル付交換用頭部パーツ、脛前部アーマー、足首アーマー、ケージ付き専用台座一式、支柱


(C)khara
《室園あ子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集