「劇場版 七つの大罪」原作者&乃木坂46へインタビュー! 一緒に旅に出たいキャラは…? | アニメ!アニメ!

「劇場版 七つの大罪」原作者&乃木坂46へインタビュー! 一緒に旅に出たいキャラは…?

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』の公開を記念し、原作者の鈴木央、主題歌を担当した乃木坂46から梅澤美波、山下美月、与田祐希を迎えたインタビューが行われた。対談では映画のみどころや主題歌への思い入れ、一緒に旅に出たい「七つの大罪」メンバーなどが語られた。

ニュース
原作者・鈴木央×乃木坂46メンバー(梅澤美波、山下美月、与田祐希)
  • 原作者・鈴木央×乃木坂46メンバー(梅澤美波、山下美月、与田祐希)
  • 乃木坂46メンバー(梅澤美波、山下美月、与田祐希)
  • 乃木坂46メンバー(梅澤美波、山下美月、与田祐希)
  • 原作者・鈴木央先生
  • 山下美月「乃木坂46」
  • 梅澤美波「乃木坂46」
  • 与田祐希「乃木坂46」
『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』の公開を記念し、原作者の鈴木央、主題歌を担当した乃木坂46から梅澤美波、山下美月、与田祐希を迎えたインタビューが行われた。対談では映画のみどころや主題歌への思い入れ、一緒に旅に出たい「七つの大罪」メンバーなどが語られた。

まず映画の見どころには、鈴木が「原作以上に小さいお子さんから大人まで、家族連れで楽しめる内容を心がけました。ストーリーに注目してほしいです」と言及する。

物語の舞台を“天空”にした理由については、「海にしようか、山にしようか、と悩みました。でも海にして〈七つの大罪〉の連中が水着でいきなり登場するのも違うだろう、と。初めて見た人は『この人たち、いつもこんな格好をしているのか』と誤解を与えてしまう(笑) 最終的には冒険活劇らしく空を舞台に選びました」との裏話も披露された。

また舞台『七つの大罪 The STAGE』でヒロイン・エリザベスを演じている梅澤からは、「舞台で演じたからこそ、映画ではエリザベスに一番、感情移入しました」とのコメントも。

乃木坂46メンバー(梅澤美波、山下美月、与田祐希)乃木坂46メンバー(梅澤美波、山下美月、与田祐希)
主題歌「空扉」には、山下が「未来に向けて羽ばたくという勇気あふれる曲になっています。まさに今の私たちの心情にぴったり」、与田が「映画を見る前と見た後では曲の響きが全然違って。エンディングで『空扉』が流れたとき、改めて『ああ、いい曲だな』と感じました」との思いを語った。

鈴木は「乃木坂46の曲でありながら『天空の囚われ人』の歌でもある。きれいにリンクしている。“取ってつけた感”が全くなく、聞いていてすごく気持ちが良かったです」と称賛した。

「作中で、一緒に旅に出るなら、どのキャラを選びますか?」との問いかけには、「ホークですね」という鈴木が「本当なら、全員と旅には出たいんですが。なかでもホークはうそ偽りのないキャラなので、一緒にいて楽しいんじゃないかと」と回答。エリザベス、マーリン、ディアンヌら女性キャラクターには「自分が好きな女性として描いているので、好きな部分がそれぞれにあります。ちょっと甲乙つけがたいですね」と触れる。

なお梅澤はメリオダス、山下と与田はホークを挙げたものの、「女性メンバー限定で選ぶなら?」と聞かれると3人で「エリザベス!」と声を揃えていた。

最後に「どんな方に映画を見てほしいですか?」と訊ねられると、鈴木は「以前に50代の男性から『うちのオフクロが七つの大罪が大好きなんです』という手紙をもらったこともあるんです」とのエピソードとともに、「お父さんがひとりで見た後に、子供を連れて行って、勧めてもらっても結構ですし、その逆もありかな、と。世代を問わず見てほしいです」とのメッセージを寄せた。

原作者・鈴木央先生原作者・鈴木央先生
『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』は、8月18日より全国ロードショー。

(C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集