「臨死!! 江古田ちゃん」19年1月アニメ化 杉井ギサブロー監督ら12名がオムニバス形式で制作 | アニメ!アニメ!

「臨死!! 江古田ちゃん」19年1月アニメ化 杉井ギサブロー監督ら12名がオムニバス形式で制作

ニュース

『臨死!! 江古田ちゃん』キービジュアル(C)瀧波ユカリ・講談社/臨死!! 江古田ちゃんアニメ製作委員会
  • 『臨死!! 江古田ちゃん』キービジュアル(C)瀧波ユカリ・講談社/臨死!! 江古田ちゃんアニメ製作委員会
女性読者の圧倒的支持を誇る4コママンガ『臨死!! 江古田ちゃん』のアニメ化が決定した。杉井ギサブローら江古田ちゃん愛にあふれる12名の監督が集結し、1話ごとに全てが変わるオムニバス形式で2019年1月より放送される。

『臨死!! 江古田ちゃん』の原作は、瀧波ユカリが2005年~2014年に「月刊アフタヌーン」に連載した4コママンガ。彼氏はいても「都合のいい女」にしかなれず、「猛禽(もうきん)」こと「モテ女子」を目の敵にして都会をさすらっているフリーター・江古田ちゃんの日常を描く作品だ。
2011年には鳥居みゆき主演でドラマ化、そして「ユルアニ?」内で『元気!! 江古田ちゃん』のタイトルでアニメ化も果たしている。

今回の新アニメ化は、1話ごとに監督、キャラクターデザイン、声優、アニメスタジオなどのすべてが変わるオムニバス形式で制作される。
監督には杉井ギサブローをはじめ高橋良輔、大地丙太郎、望月智充、三沢伸、高橋丈夫、米たにヨシトモ、コバヤシオサム、小島正幸、しぎのあきら、長濱博史、森本晃司の12名が名を連ねており、各監督は原作のお気に入りのシーンをそれぞれの演出方法で表現していく。
あわせて公開された監督陣による江古田ちゃんのキャラクターデザインは、「色数が少なくてすむでしょ」の理由でほぼ全裸で描かれたものとなった。

杉井監督は制作に向けて、「時代を斜めに走りながら、逞しく軽快に生きる女! 瀧波ユカリさん原作『臨死!! 江古田ちゃん』を十二人の監督が自由に演出していいという、なんともゼイタクな企画!それぞれの監督が江古田ちゃんの生き様をどんな視点で描くのか? 参加している監督陣も楽しみにしているに違いない」とコメント。

原作者の瀧波は「未だに『これってほんとなんだろうか』とほっぺたをつねりまくる自分がおります。 疑心暗鬼と感謝を胸に、放送開始まで全裸で待機することといたします。わ~い楽しみ~~」と期待を寄せている。

また8月10日~12日開催の「コミックマーケット94」内EXIT TUNESブースには、ブースパネルにキービジュアルが登場する。来場の際は、12人のイカれた江古田ちゃんを見に足を運んでみたい。

アニメ『臨死!! 江古田ちゃん』は2019年1月よりTOKYO MX、AT-X ほかにて放送予定

<スタッフ>
原作:瀧波ユカリ
監督:
・杉井ギサブロー (「タッチ」、「あらしのよるに」、「銀河鉄道の夜」)
・高橋良輔 (「装甲騎兵ボトムズ」)
・大地丙太郎 (「おじゃる丸」)
・望月智充 (「ローゼンメイデン(新)」)
・三沢伸 (「capeta」)
・高橋丈夫 (「狼と香辛料」)
・米たにヨシトモ (「食戟のソーマ」)
・コバヤシオサム (「BECK」)
・小島正幸 (「メイドインアビス」)
・しぎのあきら (「おそ松くん」)
・長濱博史 (「蟲師」)
・森本晃司 (「18if」)(全12名)※順不同

(C)瀧波ユカリ・講談社/臨死!! 江古田ちゃんアニメ製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集