実写ドラマ「銀魂2」 アニメ版声優・立木文彦が“マダオ”役で出演! 正式タイトル&エピソード決定 | アニメ!アニメ!

実写ドラマ「銀魂2」 アニメ版声優・立木文彦が“マダオ”役で出演! 正式タイトル&エピソード決定

実写映画と連動したdTVオリジナルドラマ『銀魂2』(8月18日配信)の正式タイトルが『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』に決定。劇中には原作でも屈指の人気を誇るキャラクター・マダオが登場し、アニメシリーズで声優を務める立木文彦が演じることも明らかになった。

ニュース
dTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』マダオ キャラクタービジュアル(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会 (C)2018 エイベックス通信放送
  • dTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』マダオ キャラクタービジュアル(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会 (C)2018 エイベックス通信放送
実写映画と連動したdTVオリジナルドラマ『銀魂2』(8月18日配信)の正式タイトルが『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』に決定。劇中には原作でも屈指の人気を誇るキャラクター・マダオが登場し、アニメシリーズで声優を務める立木文彦が演じることも明らかになった。

昨年は『銀魂』屈指の泣けるエピソードと名高い「ミツバ篇」が映像化されたが、今年のdTVドラマはギャグ一辺倒。眠れないループに入った神楽がなんとかして眠る方法を模索する「眠れないアル篇」、全面禁煙となった世界で煙草を吸いたい土方が冒険の旅に出る「土方禁煙篇」、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄の体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の3篇で構成されている。

今回ドラマ版のみに登場することになった“マダオ”こと長谷川泰三は、ファンの間では「マダオの回はハズレ無し」と言われるほどの人気を誇るキャラクター。マダオとは“まるでダメなおっさん”の頭字語で、何をやってもうまくいかないキャラクターではあるものの、かつては幕府の要職も務めたこともあるという謎の多い人物だ。

演じる立木は演技経験がほとんど無かったこともあり、キャラクタービジュアルの撮影開始時こそ演技に照れていたというが、撮影終盤にはマダオらしい“ダメさ”がいい感じに滲み出し、そこはかとない哀愁を漂わせるように。
立木は「もともと実写版『銀魂』の予告編のナレーションを去年やっていたので、今回のオファーを頂いた時に『あれ、もしかして…?(今年もナレーションかな?)』と思いました。でも福田監督からお声があったということで、ビックリしました!」との出演経緯を明かし、「自分なりの今やれることの精一杯のことは、か なりやったつもりではいますので、長谷川泰三(=マダオ)を、愛をもって見守っていてください!」とメッセージを寄せている。

さらに、実写映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』に出演している松平片栗虎役の堤真一が、ドラマ版にも姿を見せていることも判明。全編にわたって重要なポジションで出演しているとのことで、後日発表の詳細に期待となりそうだ。

dTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』
配信開始日:2018年8月18日(土)0時~

(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会 (C)2018 エイベックス通信放送
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集