「銀魂」実写版ロケ地・京都でコラボイベント再び! アニメ版描き下ろしビジュアルも | アニメ!アニメ!

「銀魂」実写版ロケ地・京都でコラボイベント再び! アニメ版描き下ろしビジュアルも

ニュース

特製ミニ色紙(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • 特製ミニ色紙(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • スタンプラリー景品缶バッジ(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • 特製ミニ色紙(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • 特製ミニ色紙(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
  • 嵐電特製チケット(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
銀魂の実写映画の公開を記念したイベント『実写映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」公開記念京都ブルルン滞在記パート2』が7月21日(土)から行われる事が決定。東映太秦映画村をはじめ、嵐電沿線一帯を舞台にスタンプラリーや体験型展示等、様々な展開が楽しめる。

原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載されている空知英秋による人気漫画「銀魂」。2017年、福田雄一監督の元小栗旬を主演に、菅田将暉、橋本環奈をはじめとする史上最強の豪華キャストが集結し実写化された。

今回のイベントは、その続編となる実写映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』とアニメ『銀魂』がクロスオーバーした内容で、昨年行われたコラボイベントの第2弾となる。
実写『銀魂』仕様に装飾された嵐電(京福電気鉄道)の特別電車が京都市内を走るほか、撮影場所としても使用された東映太秦映画村では実写銀魂の世界を忠実に再現したセット、撮り下ろしボイスやコラボフード、スタンプラリーといった催しが去年よりさらにパワーアップして行われる。

そして本イベントのため”に”戦国時代”の衣装を身にまとったキャラクター達の描き下ろしが登場。思わずニヤリとする、遊び心溢れる仕様だ。イラストはスタンプラリーの景品である缶バッジや、フード、アトラクションのノベルティ等で活躍する。

スタンプラリー景品缶バッジ(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
スタンプラリー景品缶バッジ


さらに、開催を記念して東映太秦映画村と嵐電(京福電気鉄道)の1日フリー切符に特製グッズがついた記念セット券の販売も決定。ここでしか手に入らない描き下ろしイラストを使用したミニ色紙が3枚セットになった物となっている。6月30日(土)よりファミリーマートで発売されるため、気になるファンは要チェックだ。

特製ミニ色紙(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
特製ミニ色紙

フードやアトラクションの詳細は今後随時発表される予定。引き続き新たな情報に期待したい。

【イベント詳細】
『実写映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」公開記念京都ブルルン滞在記パート2』
開催日:7月21日(土)から9月17日(祝・月)
開催場所:東映太秦映画村・嵐電嵐山駅・その他京都市内

施設情報:東映太秦映画村
〒616-8586 京都市右京区太秦東蜂岡町10番地
入村料(税込み):大人2,200円/中高生1,300円/子供(3歳以上)1,100円
アクセス :JR嵯峨野線「太秦」駅下車徒歩5分
嵐電「太秦広隆寺」駅下車徒歩5分
京都市営地下鉄「太秦天神川」駅下車徒歩12分
名神高速道路京都南ICから約11km

(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
《室園あ子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集