「ガンダム THE ORIGIN」フィナーレ舞台挨拶 池田秀一、古谷徹、潘めぐみがシリーズ回想 | アニメ!アニメ!

「ガンダム THE ORIGIN」フィナーレ舞台挨拶 池田秀一、古谷徹、潘めぐみがシリーズ回想

ニュース

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』フィナーレ舞台挨拶オフィシャルスチール(C)創通・サンライズ
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』フィナーレ舞台挨拶オフィシャルスチール(C)創通・サンライズ
6月1日、アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のシリーズ最終話となる「誕生 赤い彗星」が、新宿ピカデリーにてフィナーレ舞台挨拶付きの最終上映を実施。シャア・アズナブル役の池田秀一、アムロ・レイ役の古谷徹、セイラ・マス役の潘めぐみらが登壇し、全6作品の歴史を振り返りながら当時の思い出を語った。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』フィナーレ舞台挨拶オフィシャルスチール(C)創通・サンライズ

第一話「青い瞳のキャスバル」については、池田が「最初はセリフが二つ三つ程で、割と少なくて暇でしたね(笑) 徐々に主役って大変だなとアムロの気持ちを感じました」と語ると、古谷から「昔から自分が主役だと思っていたじゃないですか!」とのツッコミが飛び出し会場に笑いが。
若いながら参加することになった潘は、母の潘恵子も『ファーストガンダム』にララァ・スン役で出演していることから、「ガンダムは血のつながりを感じる作品なので、とてもご縁を感じました」との感慨を述べた。

第二話「悲しみのアルテイシア」では、当時「東京国際映画祭」のオープニングイベントで富野由悠季らとレッドカーペットを歩いたとのことで、池田は「赤だったので得意でしたね、やっと私の時代が来たかと感じました(笑)」とコメント。潘は「生まれ変わっても、レッドカーペットを再び歩けないだろうと、当時は緊張で震えてましたね」と回想した。

シャアとガルマとの出会いが描かれた第三話「暁の蜂起」を振り返って、「若い時代のシャアを演じられていかがでしたか?」という質問には、池田は「(ガルマ役の)柿原くんが役と同じように“坊や”なので、とてもやりやすかったです(笑)」と回答。「特別な役作りなく、役と同じように接せられたので、相手に恵まれて、本当に良かったですね」と、若手との交流も楽しんだ様子をうかがわせた。

第四話「運命の前夜」についてはプレミア上映会が話題に上り、潘が「森口博子さんに主題歌を歌って頂いたのが、とても印象的でしたね」と振り返るなど一同がしみじみ。
同エピソードから登場するララァ・スンに、池田が「色々思い出しますが、若いララァは良いですね(笑)」と言って笑いを取ると、潘は「家に帰っても、母には報告しないでおきますね」と返した。

第五話「激突 ルウム会戦」ではギレン・ザビ役の銀河万丈、カイ・シデン役の古川登志夫らと舞台挨拶を行ったという池田が「男ばっかりで女っ気がなくて…つまらなかったなぁ(笑)作品中で役同士のお付き合いがないので、とても新鮮で面白かったですね」と振り返り、古谷は「この時にオーディオコメンタリーを録ったのが、すごく懐かしく感じて楽しかったですね。あれはブルーレイ特典なので、まだ観たことない方は、是非、観て頂きたいです」と薦めた。

最後の締めくくりでは、潘と古谷に続き「今日はシャアからメッセージを預かっておりまして、、、」と前置いた池田がシャアの声で挨拶。
「赤い彗星誕生の物語、最後迄お付き合い頂き感謝する。私は今、宇宙の闇の淵で、君達を静かに見守っている。いつの世も日常は容赦なく時を刻み、目の前に立ちはだかる。…が…。賢明な君達の事だ。必ずやそこに何かを見出し、見事に生きのびることを私は期待している。勝利の栄光を君に!!」のメッセージには大きな拍手が起こり、最後には池田の掛け声から「ジーク・ジオン!」の合唱で会場一体のフィナーレを迎えた。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』
通常版 Blu-ray & DVD 7月13日(金)一般発売
(C)創通・サンライズ
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集