「劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン」舞台挨拶に阿澄佳奈ら歴代キャスト勢揃い | アニメ!アニメ!

「劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン」舞台挨拶に阿澄佳奈ら歴代キャスト勢揃い

ニュース

『劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~』は5月5日、東京・新宿バルト9にて初日舞台挨拶を開催。桃山みらい役・林鼓子をはじめ、萌黄えも役・久保田未夢、青葉りんか役・厚木那奈美、真中らぁら役・茜屋日海夏、夢川ゆい役・伊達朱里紗、春音あいら役・阿澄佳奈、上葉みあ役・大久保瑠美、彩瀬なる役・加藤英美里、そして主題歌アーティストのRun Girls, Run!・森嶋優花ら計9名が登壇し、トークに花を咲かせた。

『劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~』初日舞台挨拶スチール(C)T-ARTS / syn Sophia / 劇場版KML製作委員会

『プリティーリズム』メンバーである阿澄、大久保、加藤は、シリーズ開始から8年目となることに驚きを隠せないようす。阿澄は当時を「手探り感もあったし、その中で体当たりもありました」と振り返り、大久保も「昼ドラ展開も多かったし(笑)!」と述懐していた。

また『プリパラ』メンバーでは、茜屋が『プリティーリズム』からシリーズを受け継いだことについて「ドキドキしながらでしたが、ずっと『み~んなトモダチ』『み~んなアイドル』というコンセプトを大事にしていました」と回想。

そして放送中の『キラッとプリ☆チャン』メンバーでは、林が「また一新されましたけど『み~んなトモダチ』で仲よくという系譜は受け継いでるなと感じてます!」と初々しく語り、厚木は「素敵なシリーズなので、これからも引き継いでいきたいです!」と力強く決意表明。『プリパラ』からの続投となる久保田は、“後輩”ポジションとしての振る舞いに茜屋や伊達ら“元同僚”からツッコミを受けていた。

映画の見どころである「プリティーリズムによるワクワク3つの分岐コース」については、加藤が「綾瀬なるとして、新録でやらせて頂いてとても嬉しかった」ことを語ったほか、阿澄と大久保も色褪せないシリーズへの想いを吐露。
主題歌を担当した森嶋は、「主題歌の『プリマ☆ドンナ?メモリアル!』は、シリーズをずっと追ってきた身としては歌詞が心にすごく響いて…その気持ちを(観客の)皆さんと共有できるんじゃないかと思って来ました」とファン目線で熱いメッセージを寄せた。

最後の挨拶では、阿澄が「オーロラドリームがそういう存在になったことが嬉しい」と語るなど、『プリティーリズム』チームは長きにわたってシリーズを支え続けてくれたファンへの感謝を口にし、『プリパラ』では伊達が「3作品が繋がるのは初めてのことで、それができるたくさんの人に愛してもらえるシリーズに関われて幸せです!」と満面の笑み。
林は「みらいちゃん、えもちゃんと一緒になった気持ちで応援してくれたら嬉しいです!」と『プリ☆チャン』をアピールし、大きな拍手に包まれるなかで舞台挨拶が締めくくられた。

『劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~』
新宿バルト9、イオンシネマほか大ヒット全国公開中
(C)T-ARTS / syn Sophia / 劇場版KML製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集