「ジブリ」の世界観が広がるテーマパーク、2022年に開業! "あの作品"たちを表現したエリアイメージ公開 | アニメ!アニメ!

「ジブリ」の世界観が広がるテーマパーク、2022年に開業! "あの作品"たちを表現したエリアイメージ公開

ニュース

「ジブリパーク」基本デザイン「青春の丘エリア」(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリパーク」基本デザイン「青春の丘エリア」(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリパーク」基本デザインのエリア(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリパーク」基本デザインのエリア(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリパーク」基本デザイン「ジブリの大倉庫エリア」(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリパーク」基本デザイン「ジブリの大倉庫エリア」(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリパーク」基本デザイン「もののけの里エリア」(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリパーク」基本デザイン「魔女の谷エリア」(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリパーク」基本デザイン「どんどこ森エリア」(C)Studio Ghibli
スタジオジブリの作品世界を再現した「ジブリパーク」が、愛知県の愛・地球博記念公園にてオープンする。2022年度中の開業を目指すと愛知県が発表した。

「ジブリパーク」基本デザイン「青春の丘エリア」(C)Studio Ghibli
「青春の丘エリア」

パーク内は、『ハウルの動く城』などで見られる19世紀末の空想科学的要素を取り入れたメインゲートや、『耳をすませば』の「地球屋」が設置される「青春の丘エリア」をはじめとした計5エリアで構成。

「ジブリパーク」基本デザイン「魔女の谷エリア」(C)Studio Ghibli
「魔女の谷エリア」

そのほかスタジオジブリの多くの展示物を収蔵する倉庫も兼ね備えた「ジブリの大倉庫エリア」、『もののけ姫』のタタラ場をモチーフにした「もののけの里エリア」、『ハウルの動く城』と『魔女の宅急便』にちなみ魔法を題材とする「魔女の谷エリア」、既存の『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」周辺を充実させた「どんどこ森エリア」が計画されている。

「ジブリパーク」基本デザインのエリア(C)Studio Ghibli「ジブリパーク」基本デザインのエリア(C)Studio Ghibli
今後はスタジオジブリの協力のもと、基本デザインとして挙げられた5エリアの整備が進められるという「ジブリパーク」。愛・地球博記念公園内にどのようなジブリ世界が広がっていくのか、開業が待ち遠しいテーマパークとなりそうだ。

【フォトギャラリー】「ジブリパーク」エリアマップ&イメージをもっと見る?

「ジブリパーク」
開業時期:2022年度中
場所:愛・地球博記念公園

(C)Studio Ghibli
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集