スタジオポノックが“短編劇場”プロジェクト始動 第1弾「ちいさな英雄」8月24日公開へ | アニメ!アニメ!

スタジオポノックが“短編劇場”プロジェクト始動 第1弾「ちいさな英雄」8月24日公開へ

ニュース

『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』ポスター(C)2018 STUDIO PONOC
  • 『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』ポスター(C)2018 STUDIO PONOC
  • 「ポノック短編劇場」ロゴ(C)2018 STUDIO PONOC
  • 米林宏昌
  • 百瀬義行
  • 山下明彦
  • オダギリジョー
  • 尾野真千子
  • 田中泯
映画『メアリと魔女の花』のスタジオポノックが、新プロジェクト「ポノック短編劇場」を発表。その第一弾となる『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が8月24日に全国公開されることが明らかになった。

【フォトギャラリー】「ポノック短編劇場」の情報を写真でチェック

3作品を通してのテーマには“ちいさな英雄”が掲げられた。カニの兄弟の大冒険ファンタジー『カニーニとカニーノ』では、『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督が自身初となるオリジナルストーリーに挑む。
母と少年による愛と感動の人間ドラマ『サムライエッグ』は、高畑勲監督の右腕として活躍した百瀬義行が制作。『透明人間』では、宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦が見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる。

ほかスタッフ・キャストとしてオダギリジョー、尾野真千子、田中泯、中田ヤスタカ、村松崇継らが参加することも決定している。


スタジオポノックの西村義明プロデューサーは『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が目指すものについて、「マーベルのようなスーパーヒーローじゃないけれど、先行きの見えないこの世の中に何を提示できるかと思った時に、一生懸命生きて自分たち に勇気を与えてくれた僕らにとっての小さな英雄たちを描きたいと思いました」とコメント。
東宝の市川南常務取締役は今回の試みを「アニメ―ションの短編作品を配給するのは東宝では初めてだと思います」として、「スタジオポノックの新しいチャレンジを全面的に応援したいと思います」とエールを送った。

アニメ映画を牽引してきた旗手たちによる、“現代のちいさな英雄譚”としてどのような物語が描かれるのか。今後の続報にも期待したい。

公開日:2018年8月24日(金)全国ロードショー
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集