「のんのんびより」2年ぶりイベント開催! 小岩井ことりら満を持して「にゃんぱすー!」 | アニメ!アニメ!

「のんのんびより」2年ぶりイベント開催! 小岩井ことりら満を持して「にゃんぱすー!」

3月24日、東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2018にて、2018年夏の公開を予定している劇場版アニメ『のんのんびより ばけーしょん』のステージイベントが行われた。

イベント・レポート
3月24日、東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2018にて、2018年夏の公開を予定している劇場版アニメ『のんのんびより ばけーしょん』のステージイベントが行われた。
登壇したのは宮内れんげ役の小岩井ことり、一条蛍役の村川梨衣、越谷夏海役の佐倉綾音、越谷小鞠役の阿澄佳奈。さらにMCとして宮内一穂役の名塚佳織と、越谷卓のパネルも登場した。

イベントの冒頭はれんげのおなじみの挨拶であり、『のんのんびより』の代表的なセリフにもなっている「にゃんぱすー!」でスタート。
『のんのんびより』のイベントは約2年ぶりとのことで、キャスト陣はこの挨拶ができることをとても喜んでいる様子だった。また阿澄は小鞠のぬいぐるみ「こまぐるみ」を手に持って登場するなど、作品への深い愛情がうかがい知れた。

劇場版ではれんげ達が沖縄旅行を楽しむ、原作漫画でも人気のエピソードが描かれる。ステージ上のスクリーンにキービジュアルが映し出されると、キャスト陣は海の美しさに目を奪われていた。それだけでなく、れんげのシャツのセンスなど、細かなところにも注目していた。
さらに初公開となるPV第1弾が上映。いつもと変わらない田舎の風景から飛行機、そして沖縄までが描かれており、短い映像ながら主要キャラクターが全員集合している点にも喜んでいる様子だった。

その後はスタッフや関係者からのメッセージが続々と紹介される。川面真也監督のメッセージでは現在作品を鋭意制作中であることを伝えるとともに、沖縄へ入念なロケハンを行ったことも告白。
もちろんキャスト陣はロケハンに参加しておらず、4人が一斉にツッコミを入れて会場を笑わせる場面もあった。
原作者のあっとからは、原作漫画の沖縄旅行編をベースにしているものの、漫画では描き切れなかったエピソードもたくさん盛り込んでいると、期待が膨らむコメントが届いていた。

オープニングテーマをnano.RIPE、エンディングテーマはれんげ、蛍、夏海、小鞠のキャラクターソングとなることも発表。エンディングテーマを手掛けるのはZAQと、制作陣も含めTVアニメシリーズを変わらぬメンバーであることが明らかになり、会場のファンからは大きな拍手が送られた。
歌唱を担当するキャストの4人だが、まだどんな楽曲になるのかは知らないとのこと。そこで曲調を予想したと思えば、自分たちが沖縄に行ったらなにをやりたいかを想像したり、自由気ままなトークで会場を盛り上げた。

なお、本作の公開は8月25日からを予定しており、全国27の劇場で上映されることも決定している。
27館の中に沖縄の劇場は含まれていないが、今後追加された際には現地で舞台挨拶を行う野望も語る。作品の舞台ということもあって、沖縄への強い思いを感じ取れるイベントとなった。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集