柿原徹也、「ドラえもん」初出演に喜び! ドイツ育ちの幼少期に「色々なことを教わった」 | アニメ!アニメ!

柿原徹也、「ドラえもん」初出演に喜び! ドイツ育ちの幼少期に「色々なことを教わった」

『映画ドラえもん のび太の宝島』の公開を記念して、3月9日の『ドラえもん』にて特別企画「ほどほど宝島」が放送決定。同企画内で、声優・柿原徹也がゲストキャラクター“ホドホ”役として『ドラえもん』初出演を果たした。

ニュース
柿原徹也
  • 柿原徹也
  • 『ドラえもん』特別企画「ほどほど宝島」ホドホ(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • 『ドラえもん』特別企画「ほどほど宝島」(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • 『ドラえもん』特別企画「ほどほど宝島」(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
『映画ドラえもん のび太の宝島』の公開を記念して、3月9日の『ドラえもん』にて特別企画「ほどほど宝島」が放送決定。同企画内で、声優・柿原徹也がゲストキャラクター“ホドホ”役として『ドラえもん』初出演を果たした。

「ほどほど宝島」は、“ほどほど”に手軽な冒険を楽しむことができるひみつ道具「ほどほど宝島」をめぐる中篇ストーリー。「ほどほど冒険コース」に出発したドラえもんたちが、案内役を務めるイルカの“ホドホ”に連れられて島をめぐっていたところ、ジャイアンが「もっとスリルのある旅がしたい」と言いだし、ハードな冒険を体験することになる。

柿原が演じる“ホドホ”は「ほどほどですから~」が口ぐせの、キュートなピンクのイルカだ。前半はしずかに「かわいいっ!!」とほめられ、「ホドホちゃん」とよばれるなどの愛らしい案内役として登場。 ところが後半、ジャイアンの要望で冒険のレベル設定を“ソフト”から“ハード”に変更したとたん渋い顔つきに。「お前らが無謀な冒険者たちか?」と、言葉遣いもワイルドに変化してしまう。

柿原は「最初にキャラクターを拝見した時にこんなに可愛らしいキャラクターを演じさせてもらえるのかとびっくりしました。皆さんにはホドホのギャップを楽しんでもらいたく、極端に変化をつけて演じました」と語っており、物語の途中でガラッと変わる役柄を鮮やかに演じ分けたことを伺わせている。

18歳までほぼドイツで育ったという柿原。今回が初出演となった『ドラえもん』については「僕はドイツという国で幼少期を過ごしたのですが、ドラえもんの世界観がそのまま日本を象徴していると子どもながらに感じていたので、日本の色々なことを教えてくれた作品です」という思い入れも告白し、「素敵な冒険を一緒に楽しみましょう!」とメッセージを寄せた。

柿原演じるホドホのナビゲートで、のび太たちはどんな冒険を繰り広げるのだろうか。“誰も見たことのない財宝”の在り処とともに、柿原による“キャラ変”の熱演にも期待のオンエアとなりそうだ。

『ドラえもん』特別企画「ほどほど宝島」
2018年3月9日(金)19:00~19:30
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集