映画「文スト」舞台挨拶に上村祐翔&諸星すみれ 「あまりの出来に思わず無の境地に」 | アニメ!アニメ!

映画「文スト」舞台挨拶に上村祐翔&諸星すみれ 「あまりの出来に思わず無の境地に」

3月3日、映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』の初日舞台挨拶が、東京の角川シネマ新宿にて開催。会場には主人公・中島敦役の上村祐翔、泉鏡花役の諸星すみれが登壇した。

ニュース
映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』初日舞台挨拶(C)2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会
  • 映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』初日舞台挨拶(C)2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会
  • 映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』初日舞台挨拶(C)2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会
  • 映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』初日舞台挨拶(C)2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会
3月3日、映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』の初日舞台挨拶が、東京の角川シネマ新宿にて開催。会場には主人公・中島敦役の上村祐翔、泉鏡花役の諸星すみれが登壇した。

上村は冒頭で「こうして初日を迎えることができて本当に嬉しいです」と挨拶。映画化の決定時を「ちょうど一年前に映画化決定の発表があり、太宰と中也しかいないビジュアルを見て、敦も鏡花も出ないかと思った」と振り返り、これには会場から笑いが沸き起こった。

またキャラクターについて注目してほしいポイントを訊ねられると、諸星からは「きれいでなめらかに動くキャラクターたちのアクションシーン」のアピールに加え、「全員魅力的でそれぞれに見せ場があるので決められない。ぜひ全員見てほしい!」という熱い呼びかけも。上村は各キャラクターごとにある魅力的なシーンに目を向けるだけでなく、劇中で流れる音楽にも耳を澄ませてほしい旨を語った。

そしてファンに向けたメッセージとして、諸星は「本当に細かい部分まで丁寧に作り上げられている作品で、まばたきすらできないほどの仕上がりになっています。一度観たら、きっともう一度観たくなると思いますので、最初はどんと来いという気持ちで、楽しんでいただけたら嬉しいです」とコメント。

上村は「出来上がった作品を観て、あまりの出来に思わず無の境地になりました。スタッフ、キャスト全員が全力を注いで作り上げました。見応えある作品になっていますので、ぜひ無心で楽しんでいただいて、何度も観て下さると嬉しいです。『まよい、あがき、さけぶ』作品となっておりますので、ぜひお楽しみ下さい!」と締めくくり、劇場版の魅力がたっぷり詰まった舞台挨拶となった。

映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』
(C)2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集