樋口真嗣監督、最新作を東京コミコンで発表へ シルエットビジュアルに作品のヒント | アニメ!アニメ!

樋口真嗣監督、最新作を東京コミコンで発表へ シルエットビジュアルに作品のヒント

ニュース

樋口真嗣総監督が手がける最新作の発表会開催が決定した。イベント「東京コミコン2017」の最終日である12月3日に特設ステージにて行われる。発表会に先駆けて、シルエットビジュアルも公開された。

樋口真嗣は1965年9月22日生まれ。1984年に『ゴジラ』で映画界入り。1995年には『ガメラ 大怪獣空中決戦』で特技監督を務めて日本アカデミー賞特別賞を受賞した。その後は『ローレライ』、『日本沈没』、『のぼうの城』、「進撃の巨人」シリーズなどを担当。2017年の『シン・ゴジラ』では第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞と最優秀監督賞を受賞している。
アニメも『ふしぎの海のナディア』や「エヴァンゲリオン」シリーズなど多彩な作品への参加経験を持つ。特撮・アニメファンにとって注目の発表会になるだろう。

シルエットビジュアルは四つ足で尻尾の長い動物のような形に切り取られており、青空が印象的な1枚となった。一体どんな作品を送り出すのか。12月3日の続報を待ちたい。

樋口真嗣総監督 最新作発表会
日時 2017年12月3日(日)14:00~14:30予定
場所 東京コミコン2017 ステージ
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集