「おそ松さん」ロックスターが「シェー!」ポーズ!? MVではしゃぐ大物ミュージシャンたち | アニメ!アニメ!

「おそ松さん」ロックスターが「シェー!」ポーズ!? MVではしゃぐ大物ミュージシャンたち

ニュース

TVアニメ『おそ松さん』第2期のエンディングテーマ曲「レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」のミュージックビデオが公開。収録風景のほか、大槻ケンヂやトータス松本といったロックスターたちが「シェー!」ポーズを取っているお茶目な様子などが収められている。

【フォトギャラリー】「おそ松さん」でトータルコーディネート! 肌寒い季節のオトナ女子向け“松コーデ”が登場

「レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」は、原作である『おそ松くん』のテレビ放送がスタートした1966年生まれのアーティスト27名が参加するユニット”ROOTS66“のオリジナル楽曲。
大槻ケンヂ(筋肉少女帯)、増子直純(怒髪天)、谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)が作詞を担当し、作曲には田島貴男(ORIGINAL LOVE)、奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)、トータス松本(ウルフルズ)といった面々が名を連ねた。

ミュージックビデオは、ボーカルメンバーを誕生日順に2チームに分けた「早松66ver」と「遅松66ver」の2種類が存在。
「早松66」には大槻ケンヂや増子直純、田島貴男のほかに宮田和弥、中川敬、斉藤和義、渡辺美里が登場。一方の「遅松66」にはトータス松本のほか、スガシカオ、ABEDON、伊藤ふみお、吉井和哉、八熊慎一、斉藤由貴が出演するという、非常に豪華な内容となっている。




“ハチャメチャ”で“楽しい大人たち”をコンセプトにコマ撮りアニメーションとして制作されており、メンバーが楽しそうにボックスダンスを踊ったり、「シェー!」ポーズをとったりと、『おそ松さん』の世界観に合わせたコミカルな仕上がりだ。メンバーの中にはロックスターとして活躍する人物も多いが、普段の彼らとは違った一面が見られることだろう。

その反面、真剣な表情で曲を作るメンバーの姿、レコーディングの風景などもしっかりと盛り込まれている。『おそ松さん』のファンだけでなく、参加アーティストのファンにとっても必見の映像だ。

「レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」
歌:ROOTS66 Party with 松野家6兄弟
発売日:2017年12月6日
価格:1,944円(税込)
発売元:エイベックス・ピクチャーズ
(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集