映画「プリキュアアラモード」初日舞台挨拶、美山加恋らキャスト陣がパティシエ姿に | アニメ!アニメ!

映画「プリキュアアラモード」初日舞台挨拶、美山加恋らキャスト陣がパティシエ姿に

ニュース

10月28日、『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』の初日舞台挨拶が東京・新宿バルト9で開催された。美山加恋、福原遥、村中知、藤田咲、森なな子、水瀬いのりらメインキャスト陣は、映画の内容にちなみパティシエ姿で登壇。『プリキュアアラモード』初の単独映画への想いを語った。

舞台挨拶は本編の上映後に実施。美山は「この映画は私たち「キラキラプリキュアアラモード」単独の映画。春の映画の時からずっと楽しみにしていました。皆さんもう見て頂いたという事で、この映画がどれだけ面白かったか、伝わったんじゃないでしょうか?」と呼びかけ、会場の大歓声を集めた。

「6人そろって初の単独映画、いかがでしたか?」との問いかけには、森が「みんなの絆がすごく深まってますね」と回答。
美山は「それぞれ、自分が(成長する)お当番回があって・・・私(キュアホイップ)はお母さんのこと、ひまり(キュアカスタード)は友達のこと、ゆかりさん(キュアマカロン)は自分のことだったり・・・(笑)なんだかそういうのを含んでこの映画を見て頂くと、すごく感動できると思います」、藤田は「シエルの過去がかけていたところも、ちゃんと描かれていてね」と続け、水瀬が「今回の映画ではシエルにスポットライトが当たっていて、テレビ(シリーズ)の中では描かれないこともあったので、楽しんで頂けるんじゃないかなって思います」とまとめた。

また劇中の重要キャラクターである“ジャン=ピエール・ジルベルスタイン”について、「演じた尾上松也さんはいかがでしたか?」という質問も。これには美山が「かっこよかった!そしてかっこよくて面白かったですね」と答えたほか、藤田は「いろんな表情を見られましたよね。カッコいいだけっじゃなくて」、福原は「ギャップがね(よかった)」と応じた。
また水瀬が「絵からはクールな人なのかと思ってましたけど、冒頭のシーンで、シエルがジャンピエールに頭突きをしたときにバラが飛び散るところがあって、とってもおしゃれだなって思って。おしゃれな演出ですよね」と繰り出すと、藤田は「シエルがシュークリームを頑張って作って、人間になれた時に、シュークリームにしか反応してくれてなくて。そこが面白かったです(笑)」と明かした。

そのほか作品にちなんだ「皆さんにとっての思い出のスイーツは?」という話題には、村中が「母親が作ってくれるショートケーキ、チョコレートケーキが好きですね」と答えたほか美山、福原も家族によるスイーツを回答。先日誕生日を迎えたという藤田は、森や福原からプレゼントされたスイーツを語り、「宝塚にいたころ、公演中はちゃんと食事をとることが出来なくて」という森はチョコレート、「甘いものがちょっと苦手で・・・」という水瀬は和菓子を挙げた。

キャスト陣は映画の公開とお店のOPENをかけて、フランスらしく赤・白・青のトリコロールカラーに染まった“OPEN”パネルを持ち記念撮影。巨大クラッカーで祝砲を上げ、「キラキラ☆」で埋め尽くす舞台挨拶となった。

『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』初日舞台挨拶
日時: 10月28日(土)14:20~14:50
場所: 新宿バルト9
登壇者: 美山加恋 福原遥 村中知 藤田咲 森なな子 水瀬いのり

(C)2017 映画キラキラ☆プリキュアアラモード製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集