「デート・ア・ライブ」アニメ新シリーズが発表 「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」初アニメ化も | アニメ!アニメ!

「デート・ア・ライブ」アニメ新シリーズが発表 「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」初アニメ化も

ニュース

『デート・ア・ライブ』と『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』の2作品同時アニメ化企画が、10月21日開催の「ファンタジア文庫大感謝祭2017」にて発表された。『デート・ア・ライブ』はアニメ新シリーズ、『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』は今回が初のアニメ化となる。

『デート・ア・ライブ』は著者・橘公司、イラスト・つなこが2011年より刊行中の人気シリーズ。世界を破壊する力を持つ精霊の少女たちと、主人公・五河士道の交流を描いたボーイ・ミーツ・ガールのストーリーで話題を集め、シリーズの累計発行部数は400万部を突破している。2013年と2014年にはテレビアニメが放送され、2015年には劇場版も公開されたヒット作が、再びアニメ化されることになった。
『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』は著者・恵比須清司、イラスト・ぎん太郎が2016年より刊行中のラブコメディ。成績優秀で生徒会長も務める中学三年生の永見涼花が、「兄を溺愛する妹の小説」を書いてラノベ大賞を受賞。ラノベを知らない彼女の代わりに、兄の祐がデビューするというストーリーである。本作はコミカライズに続いて、今回が初のアニメ化となる。優等生で素直になれない妹と不器用な兄の掛け合いが人気を博しているだけに、キャスト陣も気になるところだ。

「ファンタジア文庫」の作品は2017年も『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』や『ゲーマーズ!』などがTVアニメ化された。今回の2作品同時アニメ化も注目を集めるだろう。
『デート・ア・ライブ』と『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』に関する情報はアニメ化のみで、メディアやキャスト・スタッフなどは明かされていない。続報に期待が膨らんでいく。

『デート・ア・ライブ』
アニメ新シリーズ企画進行中

『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』
アニメ化企画進行中
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

特集