坂本真綾「CCさくら」と約20年ぶりタッグ「再び歌えるなんて」 作曲はいきものがかり水野 | アニメ!アニメ!

坂本真綾「CCさくら」と約20年ぶりタッグ「再び歌えるなんて」 作曲はいきものがかり水野

ニュース

2018年1月放送のTVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』のオープニングテーマを、坂本真綾が担当することが決定。坂本が同アニメシリーズで主題歌を歌うのは「プラチナ」以来約20年ぶりのことで、今回の楽曲はいきものがかり・水野良樹による書き下ろしとなる。

『カードキャプターさくら』の原作は、1996年6月号から2000年8月号にかけて「なかよし」(講談社)で連載されたCLAMPによる少女マンガ。コミックの累計発行部数は1,650万部を突破しており、1998年から2000年にかけて放送されたアニメは世間の少女たちに多大な影響を与えた。連載開始20周年となる2016年には16年ぶりの新作「クリアカード編」が連載スタート。放送を控えるアニメはその映像化にあたる。

声優であり、またアーティストとしても活動する坂本は、1999年にリリースした「プラチナ」が前作アニメシリーズのオープニングテーマとしてタイアップされており、約20年ぶりの『カードキャプターさくら』とのタッグ復活となった。

新作シリーズのオープニング「CLEAR」は、いきものがかり・水野が書き下ろした楽曲。水野は「坂本真綾さんの伸びやかな声で歌われるこの楽曲が『カードキャプターさくら』という作品にとって、さわやかで心地の良い、新しい追い風になることを願っています!」とメッセージを寄せており、その仕上がりに期待が膨らんでいく。

そして「『プラチナ』から約20年。再び『カードキャプターさくら』の主題歌を歌わせていただけるなんて、ご縁に感謝です」と喜びを語る坂本は、オープニングテーマについて「さくらとの再会を心待ちにしていた皆さん、そして今作で初めてさくらに出会う皆さんにも、一緒に歌ってもらえる歌になったらいいなと思っています」とコメント。アニメ本編だけでなく、坂本の歌声にも注目の新シリーズとなっていきそうだ。

TVアニメシリーズ『カードキャプターさくら クリアカード編』
オープニングテーマ「CLEAR」
作詞:坂本真綾 作曲:水野良樹 編曲:河野伸

新作TVアニメシリーズ『カードキャプターさくら クリアカード編』
NHK BSプレミアムにて2018年1月7日より毎週日曜7時30分から放送
(再放送):NHK BSプレミアム 2018年1月12日より毎週金曜23時45分

『カードキャプターさくら』
(C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社 (C)CLAMP・ST・講談社/NHK・NEP (C)CLAMP・ST/講談社・NEP・NHK
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集