正式タイトルは「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」に決定 予告編では水木一郎が歌声を披露 | アニメ!アニメ!

正式タイトルは「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」に決定 予告編では水木一郎が歌声を披露

ニュース

2018年1月13日公開の『劇場版 マジンガーZ』の正式タイトルが『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』に決定した。オープニングテーマ「マジンガーZ」が流れる予告編の配信もスタート。水木一郎が新録した歌声を堪能できる。

予告編にはマジンガーZのアクションシーンが詰め込まれている。ロケットパンチ、ブレストファイヤー、アイアンカッター、光子力ビームなど、TVシリーズでも見せた数々の必殺技が披露され、敵の機械獣軍団を殲滅していく。
さらに謎のキーワード「ゴラーゴン」とつぶやく新キャラクター・リサも登場。そのほか、ヒロインの弓さやか、首相となった弓弦之助、ボス、ムチャ、ヌケ、せわし博士、のっそり博士など、お馴染みのキャラクターも集結した。10年の時を経て成長し、立場も変わったメンバーがどのような物語を紡ぎ上げるのだろうか。


劇場版の主題歌はTVシリーズと同様に、水木一郎が歌う「マジンガーZ」に決定。新録に挑んだ水木は「パイルダー・オン!」「ゼーット!」などの絶叫を45年前と変わらぬ声量で披露している。
OPテーマのアレンジは劇中音楽を担当する渡辺俊幸が担当。渡辺俊幸は「マジンガーZ」の作曲を手がけた巨匠・渡辺宙明の息子であり、親子二代にわたって作品の世界を表現する。

OPテーマについて水木一郎は「45年前にレコーディングして以来、日本はもちろん、世界各国のファンの前で数えきれないほど歌わせていただいていますが、どの国のファンの人たちも、会場が一体となって“ゼーット!”と大合唱になるんです。このスゴさは、目の当たりにした人でないとわからないでしょうね。時を経ても、世界中のファンの人たちにとって『マジンガーZ』は少しも古くなることなく、常に胸を熱く燃やす元になっているんです。僕自身、この『マジンガーZ』のテーマソングを歌い続けて、1度も飽きたことがないし、いつも新鮮な気持ちで歌わせていただいています。実は僕、来年50周年を迎えるんです。そんな記念の年に、日本でこの『マジンガーZ』が上映になるなんて、これはもう、永井先生の50周年をお祝いすると同時に、僕自身へのプレゼントでもあるかなと思ってます!」と熱いメッセージを寄せた。

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』
2018年1月13日(土)全国ロードショー

(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集