「ワンピース」原作20周年を記念した夏スペシャルが放送決定 グランドライン突入までを再び描く | アニメ!アニメ!

「ワンピース」原作20周年を記念した夏スペシャルが放送決定 グランドライン突入までを再び描く

ニュース

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
2017年7月22日で原作が20周年を迎える『ワンピース』が、アニバーサリーイヤーを記念したアニメ夏スペシャルを放送する。
タイトルは『ワンピース エピソード オブ 東の海(イーストブルー)~ルフィと4人の仲間の大冒険!!~』。8月26日午後21時から23時10分にかけて、フジテレビにて放送される。

本作では、物語のすべての始まりとなった原作第1話からグランドライン突入までを新規作画で長編スペシャルとして描く。
第1話からグランドライン突入までといえば、ルフィとシャンクが交わした10年前の誓いや、ゾロ・ナミ・ウソップ・サンジとの出会いなど多くの名シーンが存在し、『ワンピース』の人気を不動のものとしたエピソードが多数収められている。
長年の『ワンピース』ファンはもちろん、今まで『ワンピース』をあまり見たことのない人が作品を知るきっかけになるだろう。

また原作の扉絵の一部も本作では初めてアニメ化される。今では麦わらの一味のメンバーとして欠かせない存在であるチョッパー、ロビン、フランキー、ブルックが当時なにをしていたのかが明かされる。
扉絵のアニメはエンドロールで流れる予定。ファンにとっては最後まで見逃すことのできない放送となりそうだ。

なお本作のスタッフには、監督として大塚隆史、脚本は中山智博が担当。キャラクターデザインは、劇場映画「ONEPIECE FILMシリーズ」でも総作画監督を務めた佐藤雅将が起用される。
主題歌を歌うのはきただにひろし。「ウィーアー!」の20周年記念特別バージョン「ウィーアー! for the new world」を、一般公募で集まった100人とともに大熱唱する。

土曜プレミアム『ワンピース エピソード オブ 東の海(イーストブルー)~ルフィと4人の仲間の大冒険!!~』
放送日時: 8月26日(土)午後9時~11時10分放送
[キャスト]
モンキー・D・ルフィ:田中真弓
ロロノア・ゾロ:中井和哉
ナミ:岡村明美
ウソップ:山口勝平
サンジ:平田広明
トニートニー・チョッパー:大谷育江
ニコ・ロビン:山口由里子
フランキー:矢尾一樹
ブルック:チョー

[スタッフ]
原作: 尾田栄一郎 週刊「少年ジャンプ」(集英社)連載中
企画: 狩野雄太(フジテレビ)、櫻田博之(東映アニメーション)
監督:大塚隆史
脚本: 中山智博
制作協力:東映
制作: フジテレビ・東映アニメーション

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集