映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」 吹替に森川智之、沢城みゆき、中村悠一らが豪華キャストが集結 | アニメ!アニメ!

映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」 吹替に森川智之、沢城みゆき、中村悠一らが豪華キャストが集結

ニュース

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』吹替キャスト
  • 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』吹替キャスト
  • (C)Universal Pictures
トム・クルーズ主演のアクション映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は7月28日に全国公開される。日本語吹替キャストには森川智之をはじめ、沢城みゆき、山路和弘、中村悠一、高岡瓶々、鈴木達央と実力派が揃った。

本作はユニバーサル・スタジオのモンスター映画を次世代向けにリメイクした「ダーク・ユニバース」シリーズの第1弾作品である。ミイラというキャラクターの原型を生み出した1932年公開の『ミイラ再生』が、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』として生まれ変わることになった。
本作の日本語吹替版には豪華なメンバーが集結した。主人公・ニック役はトム・クルーズの吹替を長年担当している森川智之が務める。今回のトムは最強の暗殺能力もスパイ技術も持ち合わせていない一般人を演じている。森川は「等身大の人間を演じることで、人間味のあるキャラクターを演じることができたと思っています。只、普通では終わりませんので、カッコ悪さとカッコ良さのギャップにトムの真骨頂が垣間見えると思います」とコメントを発表した。

呪われた古代エジプト王女の謎に迫る考古学者ジェニー役のアナベル・ウォーリスは、報道番組のナレーションなども務めている沢城みゆきが担当。沢城は「こんなに歳上の美人、私で吹き替えられるかなと不安になりましたが、同い歳という事実に衝撃が走りました。個人的になぜか昔から惹かれる、古代エジプトを題材にした作品。ジェニーと一緒になって、世紀の大発見に一喜一憂できることがとても楽しかったです」と語っている。
そのほか、物語のカギを握るジキル博士役のラッセル・クロウは山路和弘、ニックの相棒として金銭目的の墓荒らしを稼業とするヴェイル役のジェイク・ジョンソンは中村悠一、エリート軍人のグリーンウェイ大佐役のコートニー・B・エヴァンスは高岡瓶々、ジキル博士の右腕であるマリク役のマーワン・ケンザリは鈴木達央が演じる。実力派キャストがエジプト、中東、ロンドンを舞台に繰り広げられる壮大なストーリーに挑む。

本作は日本公開に先駆けて、6月9日に全米を含む63ヵ国で公開がスタート。約1億7300万ドルを記録し、トム・クルーズ史上最高の全世界オープニング記録を樹立した。日本では大ヒットが期待されている本作は7月28日全国ロードショーとなる。

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』
7月28日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー

[ストーリー]
灼熱の太陽が降り注ぐ現代の中東で、米軍関係者のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は謎の地下空洞に隠された巨大な棺を発見。
調査のため棺を輸送するが、想定外の事態により飛行機は墜落。即死であったはずのニックが次に目を覚ますと、無傷で遺体安置所に横たえられていた。混乱するニックはジェニーを連れ、棺の行方を捜すためにその場を後にする。
ニックが目を覚ましたその頃、飛行機が墜落したロンドン郊外では、かつてファラオから裏切られ、復讐のために邪悪なモンスターと化し棺に封印されていた古代エジプト王女アマネット(ソフィア・ブテラ)が現代に蘇り、5000年の時を経て人類への復讐をはじめようとしていた―。

[スタッフ]
監督:アレックス・カーツマン/プロデューサー:アレックス・カーツマン、クリス・モーガン、ショーン・ダニエル、サラ・ブラッドショウ
脚本:ジョン・スぺイツ、クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴァンス、ラッセル・クロウ
配給:東宝東和

(C)Universal Pictures
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集