少年ジャンプ公式のマンガ制作ソフト「ジャンプPAINT」リリース 創刊50周年記念の漫画賞も開催 | アニメ!アニメ!

少年ジャンプ公式のマンガ制作ソフト「ジャンプPAINT」リリース 創刊50周年記念の漫画賞も開催

ニュース

「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年企画のひとつとして、「少年ジャンプ」公式のマンガ制作ソフト・アプリ「ジャンプ PAINT」が6月22日にリリースされた。
「ジャンプ PAINT」はPCはもちろん、タブレットやスマートフォン端末でもマンガが描ける無料ペイントツールだ。ペン、トーン素材、フォントなどマンガ制作に欠かせない要素が一通り揃い、それらすべてを無料で利用できる。中には「週刊少年ジャンプ」で実際に使用されているフォントもあり、誌面を再現することも可能だ。

「ジャンプ PAINT」では『ONE PIECE』や『僕のヒーローアカデミア』などのジャンプ作品を見本にして描く機能も搭載。さらに各作者による作品作りに関するアドバイス、編集部によるマンガ描き方講座も収録している。編集部のマンガ描き方講座は毎週更新されるので、継続して利用するモチベーションにも繋がるだろう。

さらにツールにはWEBマンガ投稿・公開サイト「少年ジャンプルーキー」との連携機能も備わっている。ここで描いた作品をスムーズに投稿し、マンガ家デビューを目指すこともできる。
また日本語に加え英語、韓国語、中国語、中国語(繁体字)、ロシア語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語でも展開されるため、世界中のクリエイターがマンガを発信する可能性を秘めている。

「ジャンプ PAINT」の公開に合わせて、『NARUTO-ナルト-』の原作者・岸本斉史が審査委員長を務める漫画賞「ジャンプ世界一マンガ賞」もスタートする。
「ジャンプ世界一マンガ賞」は世界中から8言語で WEB にて募集。締切は2018 年1月5日を予定している。
入選に選ばれた作品には、賞金100万円と「週刊少年ジャンプ」への掲載権が授与される。「ジャンプ PAINT」から直接応募することもできるため、早速ツールが盛り上がりを見せそうだ。

ジャンプ PAINT
価格:無料
対応:PC(Win/Mac)、iPhone、iPad、Android
対応言語:日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、ロシア語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語

ジャンプ世界一マンガ賞
審査委員長:『NARUTO-ナルト-』岸本斉史先生
締切:2018 年1月5日
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集