映画「東京喰種」新規場面カット公開 西尾錦役の白石隼也、ウタ役の坂東巳之助が登場 | アニメ!アニメ!

映画「東京喰種」新規場面カット公開 西尾錦役の白石隼也、ウタ役の坂東巳之助が登場

ニュース

7月29日ロードショーの映画『東京喰種 トーキョーグール』の新たな場面写真が公開された。西尾錦役の白石隼也とウタ役の坂東巳之助が喰種を演じる。

今回発表されたのは主人公・カネキの前に現れる喰種の二人だ。西尾錦はカネキと同じ大学に通い、人間と同じように生活をしている。喰種の味覚は人間と異なり、通常の食べ物が口に合わず体が拒絶反応を起こしてしまうが、なぜか西尾は平然とたい焼きを口にしている。原作にも登場するシーンが実写で表現された。
錦を演じるのは『仮面ライダーウィザード』で主演を務めた白石隼也。尾役を演じられたことを「非常に光栄」と語っており、本人も並々ならぬ気合いで挑んだようだ。

もう一人は喰種が戦闘中に使うマスクを作る職人のウタ。ピアスに全身タトゥーなど個性的な見た目ではあるが性格は穏やかで、カネキのマスクを手がける役柄だ。場面写真ではグラスに入った目玉らしきモノを薦めるウタと、戦慄するカネキの2ショットが写し出された。
ウタ役はシネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎II・ワンピース』のボン・クレー役でも話題となった歌舞伎役者・坂東巳之助が担当。原作ファンの坂東は自身が演じることに不安を感じつつも、メイクや衣装などスタッフの仕事ぶりに「腹を括って演じさせていただいた」とコメント。「同じ原作ファンの方々にも受け入れて頂けるウタさんになれていたら幸い」と熱い思いを語っている。カネキ役の窪田正孝とどのような掛け合いを繰り広げるのかも注目である。

映画『東京喰種 トーキョーグール』は石田スイが手がけるホラーアクションが原作だ。シリーズ累計発行部数は3000万部を超えており、すでに世界23ヵ国での上映が決定している。

『東京喰種 トーキョーグール』
7月29日全国ロードショー

(c)2017「東京喰種」製作委員会 (c)石田スイ/集英社
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集