「Fate/Apocrypha」マスター役のキャスト7人が発表 最新PVも公開 | アニメ!アニメ!

「Fate/Apocrypha」マスター役のキャスト7人が発表 最新PVも公開

ニュース

7月1日にいよいよ放送が開始される『Fate/Apocrypha』。放送を間近にし、まざまな新情報が公開されている本作だが、その新たなキャストが7人一挙に発表された。今回発表されたのはサーヴァントを使役し、聖杯戦争を戦い抜くマスターたち。乃村健次、檜山修之、赤崎千夏、小林裕介、大川透、石上静香、加藤英美里、中原麻衣という豪華キャストが担当することが発表され、話題を呼んでいる。また、EGOISTによるオープニングテーマ「英雄 運命の」を使用した最新PVやテーマ別CMも公開され、盛り上がりを見せている。

本作は大人気シリーズである『Fate』の最新作だ。冬木と呼ばれる街で執り行われていた、七人の魔術師と英霊たちによる「聖杯戦争」。その戦争の中心にあった聖杯が第二次世界大戦の混乱に乗じて、“とある魔術師“によって強奪されるという本シリーズのパラレルワールドを描いている。七騎対七騎というかつてない規模の戦争が勃発し、それぞれのマスターたちも含め、シリーズ最大規模の「聖杯大戦」が勃発するという展開だ。

乃村健次が演じるのは“赤“のセイバーのマスターでフリーランスの死霊魔術師獅子劫界離。檜山修之が演じるのはダーニック・プレストーン・ユグドミレニア。ドイツ軍と共に聖杯を強奪した張本人で“黒”のアーチャーのマスターだ。赤崎千夏が演じるのはそんなダーニックの後継者と目されているフィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニア。“黒”のアーチャーのマスターだ。弟であり、優秀な姉と比べ、魔術の才は凡庸であるが黒”のバーサーカーのマスターに選ばれてしまい、渋々それを受け入れているカウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニアは小林裕介が演じる。“黒”のセイバーのマスターはゴルド・ムジーク・ユグドミレニア。インツベルンの錬金術を応用した秘術を持っている傲慢な男で、大川透が演じる。他者の呪殺を生業とする、怜悧な美貌を持つ残忍な女魔術師で、“黒”のライダーのマスターセレニケ・アイスコル・ユグドミレニアは石上静香が演じる。“黒”のキャスターのマスターでゴーレムを操るロシェ・フレイン・ユグドミレニアは加藤英美里が演じる。そして魔術師ではないが、黒”のアサシンのマスターに選ばれた六導玲霞を中原麻衣が演じる。

個性的なマスターたちを演じる豪華キャスト。本作の世界観を現す主題歌をバックにした最新PVと放送前に発表されたさまざまな情報も見逃せないところだ。





『Fate/Apocrypha』
2017年7月1日放送開始
(C) 東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集