「けものフレンズ」キャラソンアルバム&サントラ オリコンランキング1位2位を独占 | アニメ!アニメ!

「けものフレンズ」キャラソンアルバム&サントラ オリコンランキング1位2位を独占

ニュース

2017年1月より放送され、各所で絶大な人気を博した『けものフレンズ』。放送が終了したのちも様々な影響を与える本作だが、6月7日に同時発売されたドラマ&キャラクターソングアルバム「Japari Cafe」と「オリジナルサウンドトラック」が6月19日付けのオリコン週間アルバムランキングにて1位、2位を独占したことが発表された。史上初の快挙を成し遂げたことから、本作がさらなる注目を集めている。

『けものフレンズ』はけものフレンズプロジェクトによる日本のメディアミックス作品だ。2015年にスマートフォン用ゲームアプリが先行してリリースされ、「月刊少年エース」にて漫画版も連載され、続いてアニメも放送された。
「アニマルガール」と呼ばれる、萌え擬人化された野生動物たちが集まる架空の動物園「ジャパリパーク」を舞台にした作品群で、テレビアニメでは「すごーい!!」や「君は○○のフレンズなんだね!」などのセリフが大流行し、2017年を代表するアニメの一作となった。

そんな本作のキャラソンアルバムには監督、脚本を担当したたつき自らが脚本を手掛けるオリジナルドラマ「じゃぱりまんがり」の他、サーバル・フェネック・アライグマによるユニット「どうぶつビスケッツ」とジャパリパークのペンギンアイドルユニット「PPP(ペパプ)」、そしてかばんの総勢9名が歌い作詞を吉崎観音が手掛ける新曲「けものパレード ~ジャパリパークメモリアル~」を収録。その他、かばんが参加した主題歌「ようこそジャパリパークへ(with かばん)」等が収録されている。「オリジナルサウンドトラック」には本編の各シーンを彩ったBGMが収録されており、多くのファンが魅力的と感じ、両アイテムを求めた結果の快挙と言える。

本編のみならず、BGMでも多くのファンを魅了する本作。今後もさらなる展開があるのか、まだまだその動向から目が離せないところだ。

(C) けものフレンズプロジェクトA
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集