映画「心が叫びたがってるんだ。」本予告&WEB版ポスター公開 | アニメ!アニメ!

映画「心が叫びたがってるんだ。」本予告&WEB版ポスター公開

ニュース

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが再結集し、2015年に公開されたオリジナル劇場アニメ『心が叫びたがってるんだ。』。実写映画化されることがアナウンスされていた本作だが、その本予告とWEB版のポスターがいよいよ公開された。
中島健人と芳根京子をはじめとするキャスト陣の演じる本編のクオリティは必見だ。さらにそんな芳根京子の演じる成瀬順のたたずむWEB版ポスターも本編への期待を高まらせる仕上がりとなっている。

本作の主人公で高校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実行委員におしゃべりが出来ない少女・成瀬順とともに任命される。優等生で拓実の元恋人の仁藤菜月、野球部の元エース田崎大樹らも加わり、担任の思惑で「ふれ交」でミュージカルを演じることになるという展開だ。
「ミュージカルは奇跡が起こる」という一言に、勇気を出した順は詞を書くことを決意し、さらに主役に立候補する。そんな彼女の姿に感化された拓実が曲をつけることに。順は拓実の優しさに好意を寄せるようになり、菜月は自分の想いを諦め、そして夢を追う順の姿に大樹は好意を寄せ始めるという切ないすれ違いが展開される。



本編映像でもその切ないすれ違いは存分に展開される。芳根演じる“言葉を封印された”成瀬順、中島演じる“本音を隠した”坂上拓実、そして石井杏奈演じる“恋を諦めた”優等生の仁藤菜月、寛一郎演じる“夢に破れた”野球部の元エース田崎大樹。
「言葉は傷つけるんだから。後悔したって取り戻せないんだから」「本当は言いたかった。どうしても言えなかった」 「傷ついてもいいからお前が本当に喋りたいこと、全部聞きたいんだ」。切ない想いの応酬、目の前の“大切な人”に「好き」と言えなかった4人が巻き起こす奇跡に期待が高まる。
そして幼い頃、自分の一言で両親が離婚してしまい、それ以来、誰にも心を開かなくなっていた成瀬順。そんな、“言葉を封印された少女”の心情を表現した1枚となっているポスターも切ないストーリーを彷彿とさせる内容となっており、注目したいところだ。

最も旬な俳優が集結し、名作の実写化に挑む本作。公開は7月22日からとなっている。


映画 『心が叫びたがってるんだ。』
2017年7月22日公開

(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会
(C)超平和バスターズ
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集